再びミニマリストという生き方に感銘を受ける

 

ミニマリストしぶさんの本を読んで


最近、ミニマリストしぶさんの本を読み、自分の中で再びミニマリストブームが起きています。

以前、「ぼくたちに、もうモノは必要ない。-断捨離からミニマリストへ-」という佐々木典士さんの本を読んだ時が、初めて「ミニマリスト」という思考に触れた時であり、衝撃を受けたのを覚えています。

あれから、しばらくすると次第にモノが増えてきたりして、自分の意志の弱さ、考えの浅さを痛感させられていました。

今回、ミニマリストしぶさんの本を読んで、再び、ミニマリストのモノを大切にする生き方、人生を豊かに生きようとする姿勢に触れ、感銘を受けたのでした。

ミニマリストしぶさんは同じ福岡県に住んでいるということで、勝手に親近感を覚えていたりします。

 

ミニマリストという「生き方」


この本の中でしぶさんも述べられていますが、ミニマリストというのは、ただ「モノを減らす」生活の事を言うのではなく、自分が必要とするモノを厳選して選んでいく生き方です。

自分が心から本当に必要とするモノだけに囲まれて生きる事で、日々の生活の中で幸せを感じることができる。自分が人生において何を大切と考えているのかをしっかりと考えて生きることができる。そしてその大切な事に重きを置いて生きていく。という「生き方」であるのです。

しぶさんの本を読んでいると、かなり「深い」です。

 

果たして私がこの生き方を実践できるかは分かりませんが、この本から学んだミニマリスト思考で自分の生き方を見直してみようと思います。

 

Evernoteでパソコンのハードディスク容量を食わないためにする方法

 

みなさんEvernoteは使われていますか?

Evernoteとは、メモや画像、PDFやOfficeのファイルなど、さまざまなストックしておきたいデータを保存できるクラウドサービスです。

私は2009年からEvernoteを使い始めていますので、約9年間使っているわけですが、もはや手放せないサービスになっています。

この世からEvernoteがなくなったらどうしようか?と本気で思います。

何しろ、これまでの仕事やプライベードの全てのメモというメモ、写真、データなどが全て詰まっているわけですから。

以前はメモ帳やノートにメモを書いて保存していましたが、

「そういえば、あのメモはどこに書いたっけ?」といって探す時に、膨大な数のメモ帳から探し出すのはとても大変でした。

でもEvernoteなら、探したい語句で検索をかければ一発で出てきます。

しかも、テキスト入力したデータだけではなく、手書きしたメモの写真など、色々なものをごちゃ混ぜにして放り込んでおけるので、とても便利です。

写真に写っている手書きの文字さえも検索の対象にしてくれるのも大変便利です。

 

Evernoteの良さを語ったらキリがありませんので、本題に入ります。

 

Evernoteを使っていて問題と感じていたのは、データを放り込めば放り込むほど、パソコンのハードディスク容量を少しずつ食っていきます。

私の場合、2009年から放り込んできた約2万件のデータをバックアップすると、約25GBになっていました。

このEvernoteのデータのためにパソコンのハードディスク容量が限界に達していたのです。

最近のモバイルノートパソコンはハードディスクからSSDに変わってきているため、ハードディスクの時よりも全体の容量自体がまだ少ないため、ただでさえ少ない容量をEvernoteのデータで25GBも食われると、大変でした。

 

そこで、Evernoteの保存容量を少なくする設定方法がありますのでご紹介します。

まず、Evernoteのオプションの「同期」に、

「オンデマンド同期を有効化」というチェックがあります。

これにチェックを入れれば、現在表示させているノート以外はハードディスクにダウンロードしないようにできます。

また、同じく「同期」の設定の

「ほとんど閲覧されていないノートのコンテンツを削除」にチェックを入れて日数を設定すれば、

その日数以前のコンテンツはハードディスクから削除されるように設定できます。

 

これらの設定は、いずれもEvernote自体からノートを削除するわけではないのでご安心下さい。

あくまでもパソコンのハードディスクに保存しないようにする設定です。

 

私はこの2つの設定に切り替えて、削除するまでの日数を60日に設定したところ、

ハードディスク空き容量が

13GB⇒29GBへアップしました!

16GBの容量が空いたことになります。

こんなに空くんですね!

 

この設定にすることで、ノートを開く際に若干動作が遅くなる感覚はありますが、ブロードバンド環境ではよほど容量が大きいノートでない限りは、割と速く開く印象はあります。

ハードディスク容量不足でお困りの方はぜひお試し下さい!

整頓は、まず「仕分ける」ところから始める

 

書類の整理整頓について、最近心がけている事を書いてみます。
仕事で処理することが多くなってくると、ついつい机の上に書類が山積みになってしまいます。

次第に山積みになると、
⇒処理するのに時間がかかる
⇒次第に手をつけたくなくなくなってくる、
⇒さらに山積み書類が増える
という悪循環に陥ってしまいます。

こうなると、後は山が大きくなっていくだけです(汗)。
そこで、こうならないために私が心がけている整理整頓のポイントは、以下の通りです。

まず、整理整頓の「整理」というのは、不要なものを取り除く事といわれています。

まずは必要か不要かの判断をするわけですね。
これが一つ目の手順です。

後でネット上でも手に入るものは基本的に捨てた方が良いと思いますが、
私の場合、書類が必要になった時に再度ネットから手に入れる時間ももったいないと思うので、
後で参照する必要がありそうな書類はEvernoteに片っ端から入れていきます。
Evernoteならパソコンの容量は食いますが、物理的なスペースは食いません。
後でEvernoteを検索してパッと出せることで仕事がはかどる事があります。

こうして「整理」することで必要なものに厳選できたら、その次に「整頓」をしていきます。

整頓の取りかかりとして大切なのは、まずは「仕分ける」ことです。
私の場合、仕訳の基準は以下の通り。

・処理中:今後、何かしらの処理が必要な書類
・スキャン:Evernoteにスキャンする必要がある書類
・パンチして綴じる:2穴パンチで穴を開けて綴じる必要がある書類
・そのままファイリング:穴を開けずにそのままファイリングする書類

この4つの分類に分けてしまえば、
後はそれぞれの書類を分類ごとに連続して処理していけば、
処理スピードが上がります。

これを分類せずに処理しようとすると、
スキャンしたりパンチで穴を開けたりファイリングしたりと、
動作がその都度バラバラになってしまい、非常に効率が悪いです。

「まずは分類⇒連続処理」が速いと思います。

書類の山を処理したら、あとは山にならないようにその都度処理するのが良いですね!

私が読んだ中から、
整理整頓関連のお勧め本を載せておきますね。

スマホの音声入力で業務効率化!

 

最近、スマートフォンの音声認識精度の高さに驚いています。

 

私の場合、仕事上では、訪問リハビリが終わった後、次の利用者さん宅まで移動時間も含めて20分程度しかないことが多くありますが、その短い時間の間に、スマートフォンの音声認識を利用して、その日のリハビリの内容や利用者さんの状態を素早くテキスト化していくことができています。

 

これにより、1日の訪問が終わって事業所に戻った後、利用者さんの記録をする際には、音声入力したテキストの中で間違いを若干修正して貼り付けるだけで記録を終えることができます。

医療的な専門用語は弱いですが、専門用語以外の部分ではかなりの認識精度の高さです。

音声入力を利用し始める前までは、手書きのメモを見ながら1からキーボードでテキスト入力していたため、かなり時間をとられていました。

 

このように音声入力を利用することで、業務上かなりの時間短縮につながりました。

 

ちなみに、このブログの記事もすべて音声入力で書いていますが、認識精度はかなり高く、所々の修正だけで書き上げることができています。

ブログを書き終えた後の疲労感も全く違います。文字入力の操作で指を使わないため、楽な姿勢で書き続けることができます。

 

音声入力によりテキスト入力の速度が格段に速くなることで、ブログを書いている最中に止まってしまうのが、次に何を書こうかと考えている時間です。

書くことが負担にならなくなった分、いかに考えることに時間をとられているかということを思い知らされます。

 

逆に言えば、考えさえまとまっていれば、音声入力で書くのはたやすい事です。

 

スマホでの入力といえば、これまではフリック入力だったため、長文を書く時にはもどかしさがありました。

しかし音声入力があれば、長文の入力もあまり苦になりません。

 

この音声入力を活用しない手はないと思いますので、これからどんどん使って、時間短縮につなげていきたいと思います!

「超」整理法でおなじみの野口悠紀雄先生も、音声入力で書くというテーマだけで1冊本を書かれています。

この本も全て音声入力で書かれたとのことですよ。

この本を読むと、音声入力のさまざまな活用法が書かれており、さらに音声入力を活用したくなってきます。

オススメの本です!


 

 

 

 

“欲しいモノ”と“必要なモノ”の区別

 

最近、整理・整頓に凝っています。

世の中でも最近流行なのか、書店にも、整理・整頓に関する様々な本が並んでいます。

そんな整理・整頓に関する本の中で、私が一番衝撃を受けた本が、

「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」/佐々木典士(ワニブックス)という本です。

この著者の何がすごいかといったら、とにかく家にモノが少ないということです。

“欲しいモノ”と“必要なモノ”とを明確に区別して、自分にとって本当に“必要なモノ”しか置かないという徹底ぶり。

著者の家の写真を見ていると、ここまでモノが少ないと気持ちがいいだろうな、という気分にさせてくれます。

モノがあればあるだけ、管理の手間、お手入れの手間が発生し、それに時間をとられてしまう。

モノが少ないというだけで、より大事な事に自分の時間を集中させることができるのです。

この本はとにかく目からウロコが落ちました。

 

 

モチベーションを上げるための読書

 

最近、千田琢哉さんの本にハマっている。

千田琢哉さんの本の書き方は、中谷彰宏さんにそっくりだ。

むしろ積極的にマネをしているのだと思うが、マネの仕方が半端ない。

名前を隠されていたら、どちらが書いた本か分からないぐらいだろう。

仕事の仕方もそっくりだ。

大量にアウトプットするやり方で、すでに著書は100冊を超えている。

中谷さんの本も、千田さんの本も、共通していることがある。

文章の構成がとても読みやすく、すぐに読めてしまうところだ。

千田さんの著書でも述べられているが、スピード感をもって書かれているため、読む時もスピード感をもって読みやすい。

まさにその通りだ。

千田さんの著書に対するAmazonのコメントでは、「内容が薄い。」とか、「同じ事を繰り返し言っているだけ。」とか、
かなり辛辣なコメントも多くある。

私が思うに、こういった本は、内容うんぬんよりも、自分の心にスッと入ってきて、心に火をつけてくれて、いかに自分の行動を後押ししてくれるかが重要なのだと思う。

だから私は、中谷さんの本や千田さんの本を、知識や技術を得るために読んでいるわけではなく、自分のモチベーションを上げる一つの手段として読んでいる。

これも一つの本の読み方だと思う。

著者の思考の一部が自分の中にインストールされるイメージだ。

本をきっかけに自分の行動が良い方に変われば、それこそ素晴らしい価値だと思う。

 

 

 

極細スタイラスで快適電子読書

 

最近、極細スタイラスがイチオシです。

これまで使っていたスタイラスはペン先が太かったため、iPad miniで読書する時にマーカー代わりに線を引く際、どうしても思った通りに引けなくて、何度も引き直したりしてイライラする場面が多くありました。

しかし、ペン先が極細のスタイラスに変えてから、iPad miniの画面上で線を引くことが快適にできるようになりました。

 

線を引くだけでなく、文字を書き込むのも以前のスタイラスと比較すると格段に書きやすくなりました。

 

ペン先の太さが変わるだけで、電子書籍での読書がここまで快適にできるものかと感動しました。

 

極細のスタイラスは他のスタイラスと比べると価格は少し高めですが、この投資に見合うだけのメリットは十分あると思います。

 

皆さんもぜひ極細スタイラスの書き心地を体感してみて下さい!

 

私が使っているのがこちらのスタイラスです。

 

 

 

 

呼吸療法認定士のサイトを独立させました

 

このたび、呼吸療法認定士の受験対策に関するサイトを、当サイトから独立させることにいたしました。

当サイトでは、仕事や勉強に関するライフハックや、呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士に関する情報、理学療法全般に関する内容を扱ってきましたが、呼吸療法認定士に関する内容に特化して情報をお伝えしたかったため、呼吸療法認定士に関するページを独立させて、別サイトで運用させて頂くことにしました。

そちらのページもどうぞよろしくお願いいたします。

呼吸療法認定士の勉強ノート

仕事ができる人に共通する“スピード感”

 

最近、ビジネス書を読んでいて感じるのは、スピードこそ大事だということです。

スピードが大事だという事は、色々なビジネス書でいわれています。

ビジネス書でいわれているだけではなく、実際に仕事ができる人を見ていると、共通してスピード感があります。

実際、じっくりと時間をかけて考えたからといって良い考えが浮かぶわけではありません。ふとしたきっかけで、猛烈なスピードでアイデアが浮かぶことがほとんどです。

考えるのにかけた時間とアイデアの質は正比例しないのです。

また、スピードがあると、常に前倒し前倒しで仕事ができるため、不測の事態が起きても修正が容易に出来るというメリットがあります。

仕事には常に不測の事態がつきものです。

常にギリギリまで追い込まれて仕事をしていると、不測の事態が起きた時に修正する時間がなかったりします。

常に余力を残して仕事をすることはとても大切なことです。

また、かけた時間と仕事の結果が正比例するとも限りません。

まずはどんな小さな事でも良いので仕事に何かしら手を付ける。
そして、仕事を始めながら随時修正していく、走りながら修正していくという事が大切です。

あれこれとじっくり時間をかけて仕事に手を付けても、実際に走り出さないと分からないことが絶対に出てきます。経験しないと気付かないことが出てきます。

そういった実際に経験しないと分からない事に早く気付いていち早く修正していくためにも、まずは手を付けるということがとても大切です。

そして、とりあえず一通り形にすることで、仕事の結果を客観的に見ることができます。

早く形にすることで、PDCAサイクルを1度だけでなく、何度も回すことができます。

とにかくPDCAサイクルの回転率を上げることが仕事の完成度を高めていくのだと思います。

このようにスピードの大切さを訴えていますが、私自身がまだできているわけではないので、自分への戒めも込めてこの投稿を書いてみました。

みなさんも、私と一緒に仕事のスピード感を高めていきましょう!

最後に、私が読んだ本の中から、スピードの大切さが解説されている本をご紹介します。
参考にされて下さい。

 

呼吸療法認定士の認定講習会でいい刺激を受ける

 

いよいよ、8月28日から9月4日まで、呼吸療法認定士の認定講習会が開催されますね!

参加される方は、さぞワクワクされているかと思います。
私が参加する時も、講習会前は楽しみでした。
何せ、受験のための正式な講習会なのですから。

この講習会、私が受講したのはもう7年前の話ですが、私にとってとても刺激になりました。

さまざまな職種の講師の先生が、それぞれの立場からお話をして下さるので、
1回の講義では分からなかった内容が、違う先生が違う角度から教えて下さることで「なるほど!」と思う瞬間が多々ありました。

また、重要なポイントは講師の先生が違っても何度も出てくるため、「ここが大事なんだな。」とポイントをつかむことができます。

呼吸療法認定士の試験は年々人気が高まっている様子で、受講者の数に圧倒されつつ、
巨大な会場に缶詰状態で朝から夕方まで講習がありますので、
きつさもありますが、呼吸の面白さ・奥深さを再発見する機会となり、とても充実感がありました。

私は講習会を受講する前から少しずつ勉強はしていましたが、あまりはかどっていませんでした。
しかし、この講習会を受講してからはモチベーションが高まり、かなり勉強がはかどるようになった経験があります。
この講習会が終わったら、いよいよ本腰を入れて勉強するタイミングではないかと思います。

今年受験されるみなさん、認定講習会を楽しんできて下さい!