スマホ一つで仕事ができる環境を整える

 

堀江貴文さんの著書「スマホ人生戦略」に書いてあるように、最近はSNSやクラウドサービスが普及し、スマホでも仕事ができる環境が整ってきました。

 

 

私自身は、仕事中に車で外出することも多く、経営者という立場上、突発的に色々な仕事のやりとりが発生することが多くあります。

そのたびにいちいち会社の事務所に戻っていては移動時間がとてももったいないため、いつどこでも仕事ができるように意識して環境を整えています。

iPhoneiPad Pro、ノートパソコンのSurface、モバイルバッテリーは常に持ち歩くようにしています。

そして、クラウドにできるサービスは可能な限りクラウドサービスを選ぶようにしています。

私が現在経営の仕事と兼務で行っているケアマネの仕事でも、クラウド上でケアプランなど各種帳票の作成ができるようにしていますし、仕事で使う書類関係はScanSnapでほぼスキャンしてクラウドサービスのEvernoteDropboxiCloudに保存し、どこでも参照できるようにしています。

どこでも仕事ができるようにすることで、すぐに取りかかることができるようになり、時間のロスを防ぐことができます。

11回は少しの時間でも、それが積み重なれば大きな時間の節約になるはずです。

その分、大事な仕事に時間を割り振ることができるようになります。

こうした時間を節約するための環境への投資は積極的に行うように意識しています。

これが「お金で時間を買う」ということなのだと思います。

iPadでHappy Hacking Keyboardを使うメリット

 

連日ですが、再びHappy Hacking Keyboard(以下HHKB)に関する内容です。

iPad ProHHKBを使ってみて感じたメリットとして、本体と分離して使うことができるということがあります。

iPad ProSmart Keyboard Folioを使っていた時には、iPad本体と一体化しているため、例えば膝上に置いて入力した場合、画面の位置も同じ膝上の位置になるため、目線が下方に落ち、首にかなり負担がかかっていました。

特に私は以前、長時間下を向いたままキーボード入力作業をしていたら首に痛みが出てしまい、医者から頸椎椎間板症と診断されたことがあります。いわゆるスマホ首、ストレートネックの状態です。

そのため、キーボード入力時の首の角度には特に注意しています。

職場では、パソコンでの入力時にはノートパソコンを置くスタンドを使用して、目線が下を向かないように注意しています。

iPadでの入力をHHKBに変更したことで、画面をキーボードから分離することができ、iPad自体は目線が下を向かないように高めの場所に置き、HHKBのみ膝上に置くような入力スタイルにすることで、首に負担をかけずに長時間入力作業をすることができるようになりました。

これは私にとっては大きな変化です。

かなり快適に長時間の入力作業をこなすことができるようになっています。

まさにこのブログもiPadHHKBで快適に書いています。

 

 

特に現代人はスマホをよく使うようになり、首が下を向いた状態で過ごす時間が長くなっているため、私のようにスマホ首になりやすい状態になっていると思います。

そういった面でも、iPadHHKBを使うことはメリットがあるのではないかと思います。

iPadのインターフェイスをSmart Keyboard FolioからHappy Hacking Keyboardに変えたら、文章作成がどんどんはかどった

 

 

みなさんこんにちは。

最近、Happy Hacking Keyboard(以下HHKB)を導入した話を投稿しました。

それからというもの、HHKBでの入力が快適すぎて、常にバッグに入れて持ち運ぶようになりました。

そうなると、どのデバイスでの入力も、もう常にHHKBで入力したくなり、iPad Proの入力デバイスはこれまでSmart Keyboard Folioを使っていましたが、これもHHKBに変えてしまいました。

このSmart Keyboard Folio、薄いので軽そうに見えて、重さが621gもするんです。(第1世代のタイプ)

 

 

HHKBの重さは550gで、単3電池2本の重さは46g。合計で596gです。

見た目はHHKBの方が重そうに見えますが、実はSmart Keyboard Folioの方が重かったんですね。

ソファーに座ったりベッドに横になったりした状態でiPadで読書をしていると、Smart Keyboard Folioをつけたままだと、手がすぐに疲れてきていました。

かといって、読書をするたびにSmart Keyboard Folioをいちいち外すのも面倒だし。

ということでどうしようかと考えていましたが、HHKBを導入したら解決しました。

入力作業はHHKBでするので、iPadのカバー自体にキーボード機能は必要なくなり、カバーはとにかく軽量なものを選べるようになったのです。

今の所は、ポリカーボネート製で、裏面だけカバーするかなり軽いタイプのカバーに変えました。

このカバーに変えてからは、iPadで長時間読書しても手が楽になりました。

持ち運ぶ荷物も、常に持ち運んでいたSmart Keyboard FolioHHKBに置き換わっただけなので、重量は変わりありません。

そして入力の快適さは、HHKBの方が圧倒的に快適に入力できるため、とにかく文章作成がはかどります!

書くネタがなくても、とにかく何か書きたい!という衝動に駆られてしまいます。

私は道具から入るタイプですが、こういう点では、道具から入るって大事なことなんじゃないかと思います。

人間ってモチベーションによって動く生き物ですから、道具によってモチベーションを上げることで行動が促されるという効果もかなりあるんじゃないかと思っています。

これからも、このHHKBを使って文章を入力する時間が楽しみです!

 

 

 

 

 

 

  •  

Happy Hacking Keyboardは最強のインターフェイスだった

 

 

お久しぶりの更新です。

最近、Happy Hacking Keyboardなるものを購入しました。

 

 

プログラマーや文章入力を生業とする方々の間で話題になっているキーボードです。

公式サイト

https://happyhackingkb.com/jp/

私も会社経営とケアマネジャーを兼任している仕事上、文章入力をする機会が多く、パソコンに関することはとにかく効率化を図りたいと常日頃から考えています。

その中で、人とパソコンをつなぐためのインターフェイスの重要性を感じていて、このインターフェイスの部分を少しでも効率化できれば、時間内に多くの仕事をこなすことができると思っています。

少しのスピードの差であっても、それが1ヶ月、6ヶ月、1年、10年と積み重なっていけば、大きな時間の差になってくると考えます。

そのため、その少しの差の部分に投資をして効率化を図ることが重要であると考えます。

これまでマウスやキーボードについて、少しでも入力の効率化が図れるように色々と試してきました。

その中でも、このHappy Hacking Keyboardはキーボードにしては値段はかなり張りますが、それでも有効な投資であったと考えています。

おそらく、文筆を生業とする作家さんが万年筆にお金をかけるのと同じ感覚ですね。

仕事で一番多く使う大切な道具と考えれば、ここまでの投資はありかなと考えています。

私が使っているのは、Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S(日本語配列)というものです。

色は墨と白があります。

私は白を選びました。

墨の方がカッコ良さはありましたが、墨だと薄暗い場所で打つ時はキーの刻印が見にくそうだったことと、白の方は往年のNECパソコンのPC98シリーズの外観を彷彿とさせるものがあり、時代を超えても使い続けられるビンテージな感覚もあり、白を選択しました。

YouTubeで検索すると、このキーボードについてのレビューはかなり出てきます。

そのレビューの中で、このキーボードの打ち心地について絶賛する声が多くあります。(もちろん賛否両論はありますが)

私もこのキーボードの打ち心地に見事にハマってしまいました。

よくいわれているのが打鍵する時の「スコココココ」という音の表現ですが、まさにその通りで、キーを押した時の抵抗感が少ないため、とても軽いタッチで次々と文字を入力していくことができます。

このタッチを生み出しているのが「静電容量無接点方式」というスイッチング方式のようです。

この感覚にハマってしまうと次々と文字を打ちたくなるので、入力作業がはかどります。

文字入力自体の速さもこのキーボードを使うメリットなのでしょうが、この打鍵感にハマることで次々と入力したい気持ちになるという点も、このキーボードを使う大きなメリットといえるのではないかと思っています。

このキーボードのおかげで、しばらく更新が止まっていたこのブログを再開しようという気持ちにもさせてくれました。

これだけでも大きな効果です。

また、このキーボードは4台までマルチペアリングでBluetoothでつなげるため、私が使っているWindowsパソコン(Surface)、iPad Pro、プライベート用iPhone、仕事用iPhoneにペアリングして使っています。

どのデバイスからの入力でも同じキーボードを使うことができるため、異なるキーボードのキー配置や入力感覚の違いによって戸惑うこともなく、快適に入力作業を進めることができます。

このキーボードは手を大きく動かさなくても効率的に入力できるようにコンパクトにできていますが、乾電池式であることもあり、見た目以上に少し重量感はあります。

しかし、この打鍵感にハマると常にどこでも使いたいという気持ちにさせられるため、この重さを犠牲にしてでも常に持ち歩きたいという思いはあります。

今のところは毎日バッグに入れて持ち歩いて使っています。

持ち運ぶ際には、別売りですがバード電子のHHKB専用のキーボードルーフと、HHKBスマートケース2を使っています。

 

 

大切なキーボードなので、持ち運ぶ際に破損したり汚れることがないように使っています。

この文章を書いている時点ではまだ長く使用しているわけではないので、まだこのキーボードを知り尽くしているわけではありません。

しかし、使い始めからかなり快適な感覚を味わえているため、長く使っていくうちにさらに身体の一部のように馴染み、おそらくこれからも末長く付き合える道具になるのではないかと思っています。

万年筆で例えれば、ペン先のイリジウムが作家の書き癖に合わせて少しずつ削られていき、その作家の筆記角度や筆記強度で一番インクフローが最適になる状態に変化していくような感覚でしょうか。

仕事やプライベートで文章を打つ機会が多い方にはおすすめのキーボードです。

教科書を7回読むという勉強法

 

今日ご紹介する1冊は、この本です。


書名:東大主席弁護士が実践!誰でもできる<完全独学>勉強術
著者:山口真由
出版社:SB新書

著者は、東京大学法学部に現役合格し、大学3年生の時に司法試験に一発合格、大学4年生の時には国家公務員Ⅰ種試験(現・国家公務員総合職試験)に合格したという超エリートですが、その勉強法を解説された本です。

簡単にいうと、教科書を7回読むことに徹するという方法です。

著者によると、1〜2回読んだだけで勉強できた人達が天才で、7回読まないとできなかった自分は努力してやっと同じ土俵に立てたといっています。

ポイントとしては、

・ノートは一切とらない。授業の内容は全部教科書に書いてあるから。

・教科書に線を引いたり書き込んだりはしない。教科書を読むというインプットの作業に線を引くというアウトプットの作業が入ると読むスピードが落ちる。そもそもマーカーがついていると読むのに邪魔。

教科書7回の読み方とは、以下の流れです。

・1〜3回目教科書全体をざっと「眺める」ことが目的。教科書全体のイメージをつかむ。この段階では、内容はほぼ理解できなくてOK。
・4〜5回目ようやく「読む」というレベル。教科書のどこに何を書いているのか、それがなにを意味するのかを知る段階。理解度が8割ぐらいになる。
・6〜7回目内容を頭に「叩き込む」段階。図版や資料まで含めて、細かいところまで完全に理解する。
各段階の詳しい説明も詳細に説明されています。

他の速読術の本でも紹介されていますが、本はゆっくりじっくりと1回読むよりも、サラッと何度も繰り返し読んだ方が頭に残りやすいということでしょう。


速く何度も繰り返し読むメリットとしては、・速く読むことで全体の構成が頭に入りやすい⇒構成が頭に入ると記憶しやすい・どこが重要でどこが重要でないかの判断がすぐにつきやすいため、重要でない箇所を読むのに時間をかけなくて済む・日にちを空けて繰り返し読むことで記憶に残りやすい⇒短期記憶から長期記憶に移行しやすい
という事があると思います。

これを上手く使った勉強法といえるのではないでしょうか。何かしらの勉強をする方は、読んで損はないと思います。

アウトプットの質を高める方法とは?

 

今日ご紹介する1冊は、


学びを結果に変えるアウトプット大全
樺沢紫苑 著
(サンクチュアリ出版)

タイトルの通り、アウトプットの考え方と方法がこれでもか!というぐらい盛り込まれています。

私はこの本を読んで、28個の学びを得られました。



その中から、私の大きな気づきについて3点書いてみます。

1.本を読んだら、1冊ごとに必ずアウトプットする
2.マニアックな記事ほど反応は高い
3.「デジタル」と「アナログ」はどちらが優れているか?という議論は意味がない


まず1つ目です。
1.本を読んだら、1冊ごとに必ずアウトプットする


これまで私は、とにかく短時間でたくさんの本を読むことを意識してきました。
平均すると週1回ぐらいのペースで書店に足を運び、週1冊ペースで本を買っていると思います。

樺沢さんによると、アウトプットしないインプットは意味がない。
「月3冊インプット、0冊アウトプット」と「月1冊インプット、1冊アウトプットを比べると、」後者の方が圧倒的に成長できる。
アウトプットする時間がない人は、インプットの時間を減らしてでもアウトプットする事をすすめられています。

これまで本を読んで、頭に残った事をすぐ行動に移すことは意識していましたが、内容を読書ノートにまとめておいたり、ブログで書いたりする事がおざなりになっていた事に反省です。

アウトプットの質を磨いていくためには、まずアウトプットの量を増やす事が大切ですね。


2つ目です。
2.マニアックな記事ほど反応は高い

私自身、これまでTwitterやブログに書く時の意識として、多くの人の目を意識して書く事が多かったように思います。
「多くの人を意識した文章は、結局、ほとんどの人に響かない」という事です。

より深いマニアックな記事ほど、興味がある人にとっては響く内容になるという事を改めて気づかされました。


3つ目です。
3.「デジタル」と「アナログ」はどちらが優れているか?という議論は意味がない

これは私にとってずっと考え続けてきたテーマでした。
ノートや紙に書く事は好きだけど、管理したり検索するのはデジタルの方がやりやすい。
だったら、初めからノートは使わずにiPadを使ったら良いのではないか?という事でiPad ProとApple Pencilの組み合わせでノートを使わずにシンプルにする事も考えた事もありましたが、どうしてもiPadでは発想が拡がらない、頭に残らない、という事で、再びノートに戻る、なんて事を繰り返していました。

樺沢さんがいうには、「アナログ」と「デジタル」には、それぞれの優れた長所があるので、それぞれの長所・短所を知って、ケース・バイ・ケースで最適な使い方をするべき、ということです。

この内容を読んで、何か肩の荷がスーッとおりた気がしました。
「アナログ」と「デジタル」、そもそもどちらかに絞る必要なんてないんだと思えるようになりました。

例えば、プレゼンのスライド作りの例では、
まず、発想を書き留める、発想を拡げる、構想をまとめる段階では手書きでノートに書く。
次に、MS-Wordのアウトライン機能を使って構成を決める。
最後に、PowerPointを使ってスライドを作る。(この段階では考える作業は終了しているため、完全にスライド作りという作業として行う)
という流れです。

ぞれぞれの段階で「アナログ」と「デジタル」の最適な使い分けをする事で、アウトプットをより速くすることができるのです。

この本からの学びを活かして、どんどんアウトプットしていこうと思います!



再びミニマリストという生き方に感銘を受ける


 

ミニマリストしぶさんの本を読んで


最近、ミニマリストしぶさんの本を読み、自分の中で再びミニマリストブームが起きています。

以前、「ぼくたちに、もうモノは必要ない。-断捨離からミニマリストへ-」という佐々木典士さんの本を読んだ時が、初めて「ミニマリスト」という思考に触れた時であり、衝撃を受けたのを覚えています。

あれから、しばらくすると次第にモノが増えてきたりして、自分の意志の弱さ、考えの浅さを痛感させられていました。

今回、ミニマリストしぶさんの本を読んで、再び、ミニマリストのモノを大切にする生き方、人生を豊かに生きようとする姿勢に触れ、感銘を受けたのでした。

ミニマリストしぶさんは同じ福岡県に住んでいるということで、勝手に親近感を覚えていたりします。

 

ミニマリストという「生き方」


この本の中でしぶさんも述べられていますが、ミニマリストというのは、ただ「モノを減らす」生活の事を言うのではなく、自分が必要とするモノを厳選して選んでいく生き方です。

自分が心から本当に必要とするモノだけに囲まれて生きる事で、日々の生活の中で幸せを感じることができる。自分が人生において何を大切と考えているのかをしっかりと考えて生きることができる。そしてその大切な事に重きを置いて生きていく。という「生き方」であるのです。

しぶさんの本を読んでいると、かなり「深い」です。

 

果たして私がこの生き方を実践できるかは分かりませんが、この本から学んだミニマリスト思考で自分の生き方を見直してみようと思います。

 

Evernoteでパソコンのハードディスク容量を食わないためにする方法


 

みなさんEvernoteは使われていますか?

Evernoteとは、メモや画像、PDFやOfficeのファイルなど、さまざまなストックしておきたいデータを保存できるクラウドサービスです。

私は2009年からEvernoteを使い始めていますので、約9年間使っているわけですが、もはや手放せないサービスになっています。

この世からEvernoteがなくなったらどうしようか?と本気で思います。

何しろ、これまでの仕事やプライベードの全てのメモというメモ、写真、データなどが全て詰まっているわけですから。

以前はメモ帳やノートにメモを書いて保存していましたが、

「そういえば、あのメモはどこに書いたっけ?」といって探す時に、膨大な数のメモ帳から探し出すのはとても大変でした。

でもEvernoteなら、探したい語句で検索をかければ一発で出てきます。

しかも、テキスト入力したデータだけではなく、手書きしたメモの写真など、色々なものをごちゃ混ぜにして放り込んでおけるので、とても便利です。

写真に写っている手書きの文字さえも検索の対象にしてくれるのも大変便利です。

 

Evernoteの良さを語ったらキリがありませんので、本題に入ります。

 

Evernoteを使っていて問題と感じていたのは、データを放り込めば放り込むほど、パソコンのハードディスク容量を少しずつ食っていきます。

私の場合、2009年から放り込んできた約2万件のデータをバックアップすると、約25GBになっていました。

このEvernoteのデータのためにパソコンのハードディスク容量が限界に達していたのです。

最近のモバイルノートパソコンはハードディスクからSSDに変わってきているため、ハードディスクの時よりも全体の容量自体がまだ少ないため、ただでさえ少ない容量をEvernoteのデータで25GBも食われると、大変でした。

 

そこで、Evernoteの保存容量を少なくする設定方法がありますのでご紹介します。

まず、Evernoteのオプションの「同期」に、

「オンデマンド同期を有効化」というチェックがあります。

これにチェックを入れれば、現在表示させているノート以外はハードディスクにダウンロードしないようにできます。

また、同じく「同期」の設定の

「ほとんど閲覧されていないノートのコンテンツを削除」にチェックを入れて日数を設定すれば、

その日数以前のコンテンツはハードディスクから削除されるように設定できます。

 

これらの設定は、いずれもEvernote自体からノートを削除するわけではないのでご安心下さい。

あくまでもパソコンのハードディスクに保存しないようにする設定です。

 

私はこの2つの設定に切り替えて、削除するまでの日数を60日に設定したところ、

ハードディスク空き容量が

13GB⇒29GBへアップしました!

16GBの容量が空いたことになります。

こんなに空くんですね!

 

この設定にすることで、ノートを開く際に若干動作が遅くなる感覚はありますが、ブロードバンド環境ではよほど容量が大きいノートでない限りは、割と速く開く印象はあります。

ハードディスク容量不足でお困りの方はぜひお試し下さい!

整頓は、まず「仕分ける」ところから始める


 

書類の整理整頓について、最近心がけている事を書いてみます。
仕事で処理することが多くなってくると、ついつい机の上に書類が山積みになってしまいます。

次第に山積みになると、
⇒処理するのに時間がかかる
⇒次第に手をつけたくなくなくなってくる、
⇒さらに山積み書類が増える
という悪循環に陥ってしまいます。

こうなると、後は山が大きくなっていくだけです(汗)。
そこで、こうならないために私が心がけている整理整頓のポイントは、以下の通りです。

まず、整理整頓の「整理」というのは、不要なものを取り除く事といわれています。

まずは必要か不要かの判断をするわけですね。
これが一つ目の手順です。

後でネット上でも手に入るものは基本的に捨てた方が良いと思いますが、
私の場合、書類が必要になった時に再度ネットから手に入れる時間ももったいないと思うので、
後で参照する必要がありそうな書類はEvernoteに片っ端から入れていきます。
Evernoteならパソコンの容量は食いますが、物理的なスペースは食いません。
後でEvernoteを検索してパッと出せることで仕事がはかどる事があります。

こうして「整理」することで必要なものに厳選できたら、その次に「整頓」をしていきます。

整頓の取りかかりとして大切なのは、まずは「仕分ける」ことです。
私の場合、仕訳の基準は以下の通り。

・処理中:今後、何かしらの処理が必要な書類
・スキャン:Evernoteにスキャンする必要がある書類
・パンチして綴じる:2穴パンチで穴を開けて綴じる必要がある書類
・そのままファイリング:穴を開けずにそのままファイリングする書類

この4つの分類に分けてしまえば、
後はそれぞれの書類を分類ごとに連続して処理していけば、
処理スピードが上がります。

これを分類せずに処理しようとすると、
スキャンしたりパンチで穴を開けたりファイリングしたりと、
動作がその都度バラバラになってしまい、非常に効率が悪いです。

「まずは分類⇒連続処理」が速いと思います。

書類の山を処理したら、あとは山にならないようにその都度処理するのが良いですね!

私が読んだ中から、
整理整頓関連のお勧め本を載せておきますね。

スマホの音声入力で業務効率化!


 

最近、スマートフォンの音声認識精度の高さに驚いています。

 

私の場合、仕事上では、訪問リハビリが終わった後、次の利用者さん宅まで移動時間も含めて20分程度しかないことが多くありますが、その短い時間の間に、スマートフォンの音声認識を利用して、その日のリハビリの内容や利用者さんの状態を素早くテキスト化していくことができています。

 

これにより、1日の訪問が終わって事業所に戻った後、利用者さんの記録をする際には、音声入力したテキストの中で間違いを若干修正して貼り付けるだけで記録を終えることができます。

医療的な専門用語は弱いですが、専門用語以外の部分ではかなりの認識精度の高さです。

音声入力を利用し始める前までは、手書きのメモを見ながら1からキーボードでテキスト入力していたため、かなり時間をとられていました。

 

このように音声入力を利用することで、業務上かなりの時間短縮につながりました。

 

ちなみに、このブログの記事もすべて音声入力で書いていますが、認識精度はかなり高く、所々の修正だけで書き上げることができています。

ブログを書き終えた後の疲労感も全く違います。文字入力の操作で指を使わないため、楽な姿勢で書き続けることができます。

 

音声入力によりテキスト入力の速度が格段に速くなることで、ブログを書いている最中に止まってしまうのが、次に何を書こうかと考えている時間です。

書くことが負担にならなくなった分、いかに考えることに時間をとられているかということを思い知らされます。

 

逆に言えば、考えさえまとまっていれば、音声入力で書くのはたやすい事です。

 

スマホでの入力といえば、これまではフリック入力だったため、長文を書く時にはもどかしさがありました。

しかし音声入力があれば、長文の入力もあまり苦になりません。

 

この音声入力を活用しない手はないと思いますので、これからどんどん使って、時間短縮につなげていきたいと思います!

「超」整理法でおなじみの野口悠紀雄先生も、音声入力で書くというテーマだけで1冊本を書かれています。

この本も全て音声入力で書かれたとのことですよ。

この本を読むと、音声入力のさまざまな活用法が書かれており、さらに音声入力を活用したくなってきます。

オススメの本です!