時間が限られることで、より時間の大切さに気付いた

 

結婚をして子供ができてから、時間の大切さを特に感じています。

独身時代は、仕事時間以外は全て自分のプライベートな時間ですので、何でも自由にできる環境にあり、そのために無駄な時間の使い方をしてしまうことが多かったように思います。

ところが結婚して子供ができると、新たな役割と責任ができ、夫としての時間、父としての時間が加わることになります。
そういった家族と過ごす時間は人生の中で大切な時間であり、削ることはできません。

となると、トイレやお風呂や食事、睡眠など、生活に絶対的に必要な時間と、家族と過ごす時間を24時間から引いた残りの時間をいかに有意義に過ごすかということが重要になってきます。

こうして時間が限られてくると、時間がとても貴重なものとして感じられてきます。
独身時代には感じられなかった感覚です。
本当は独身時代に感じておくべきだったのでしょうが…。

今の私が限られた自分の時間を使ってしたい事といえば、
まずは将来のための自己投資の時間です。本を読むことは将来のための最大の自己投資だと思っていますので、毎日必ず1ページでも本を読むようにしています。

次に、こうしてブログやSNSなどで情報発信するための時間です。
これはただ単に自分という人間を知ってもらうための自己開示でもありますが、こういう形で自分の考えを日々文章にまとめて人前にさらす習慣を作ることで、言葉をうまく使う力を鍛えていきたいという考えもあります。

赤羽雄二さんの著書「ゼロ秒思考」でも言われていますが、自分の考えを文章として毎日書く習慣をつけることで、言葉の感覚が研ぎ澄まされ、的確な言葉で説得力のある言葉遣いができるようになるのだと思います。

また、これから長期的に精力的に働いていくためにも、体力づくりが必要だと思っています。まだ習慣化できていませんが、これも毎日の習慣にぜひ組み込みたいと思っています。

こうしてブログを書く時間も貴重な時間ですから、ダラダラと長時間書くことができません。
ブログの執筆には30分以上かけないように、いかに速く的確な文章で書くかということを意識しながら書いています。ただ長い時間をかけただけで質が上がるものではないと思っています。

何かの本に、
集中力×量(時間)=成果物

であるといった事が書かれていました。
まさにその通りだと思います。
時間が限られているなら、集中力を最大限に発揮することで成果物の質を保つやり方が必要になってくるのだと思います。

人が感じる時間の感覚は、その時々の自分が置かれた環境によって変化するとても不思議なものだと思います。
ある意味では、自分の生活が充実しているかどうかのバロメーターにもなるのではないでしょうか。

日々、時間を大切に感じながら生きていきたいと思っています。

複数のメディアを組み合わせて効果的に情報発信を

 

私はこれまでに、このブログや、facebookの個人ページ、facebookページ5つ、facebookグループ1つ、個人twitter、テーマ限定twitter2つ、アメブロなど、さまざまな情報発信メディアを試してきました。

その経験からいえることは、メディアは1つに限定せずに、さまざまなタイプのメディアを組み合わせながら情報発信したほうが相互作用が生まれ、効果的に発信できるということです。

具体的には、ブログで書いた記事を、facebookやtwitterでシェアして紹介する。

facebookページで書いた記事を、テーマ限定twitterでシェアして紹介する。

twitterでのtweetで反応が良かったものをfacebookやブログに記事としてまとめる。

など、1つのメディアで終わるのではなく、それを他のメディアでシェアしたり、まとめたりして、相互作用を利用するわけです。

こうすることで、1つのメディアの弱点を補うことができると思うのです。

twitterのメリットとしては、気軽に小さな事柄でも発信できることですが、タイムラインは常に流れているため、人の目に触れるためには、ある程度tweetの時間帯を意識する必要があります。例えば、業務前やお昼休みや業務終了後の一目に触れやすい時間帯にtweetするとか。

また、facebookはtwitter以上にまとまった内容を書くことができますが、写真がない投稿は写真がある投稿よりも「いいね!」がつきにくいという特徴もあります。

また、ブログはfacebookよりもさらにまとまった内容の記事を書くのに適しています。テーマやデザインなどの設定もかなり自由にでき、自分の色を出しやすいメディアだといえます。

しかし、ブログはSNSと比べるとコメントによる交流がしにくい点があると思いますので、「交流」というより「発信」の意味合いが強いのではないかと思います。

それぞれのメディアの特徴を活かして、その相互作用を作り出すように活用すると効果的なのではないかと思います。

同じ個人でも、それぞれのメディアでの読者層も異なると思います。

twitterやブログでは顔も知らない不特定多数が多くの対象になると思いますし、facebookでは会ったことがない人もいるにはいますが、リアルで会ったことがある知り合いも多いと思いますので、そういう点では、同じ内容の記事でも異なる読者層に向けて再発信できるというメリットがあるのだと思います。

ちなみに、このブログの記事も、完成したらtwitterでシェアしております。

こういった複数のソーシャルメディアの活用法については、樺沢紫苑先生の著書がオススメです。
私もこれらの本がSNSを活用する上でとても参考になりました。

Facebookでリンク先の画像が表示されない時の対処法

 

今日は、Facebook投稿の際のライフハックです。

Facebookでリンク付きの投稿をする際に、通常は以下のように、自動的に投稿の下にリンク先の画像が表示されますが、この画像が表示されない時があります。


樺沢紫苑さんの本「Facebook仕事術」でも紹介されていますが、著者の検証によると、Facebookの投稿において、画像があることは、「いいね!」や「コメント」がつきやすくなる要素であるため、とても重要です。


そこで、画像が表示されるようにする方法をお伝えします。

 

http://developers.facebook.com/tools/debug

 

このページで、リンク先のURLを入力して「デバッグ」ボタンを押すだけで、リンク先の画像が表示されるようになります。

これだけです。
簡単にできます!

画像が表示されなくてお困りの際は、ぜひお試し下さい!

 

読書の速さを劇的に速くできた私の方法 Vol.5 EVERNOTEへの入力と見返し

 

前回の続きです。

今回は、
7.MacBook Air上のEVERNOTEの「読書ノート」というノートブックに内容を移す。
8.重要な箇所を見返しながら、SNS用に書評をまとめ、投稿する。
9.EVERNOTEの「読書ノート」の内容は、空き時間に何度も見返し、自分の血肉とする。
の部分をご説明したいと思います。

 

前回は、ポメラに入力した読書メモをMacBook Airに転送する所までご説明しました。

MacBook Airに転送したら、EVERNOTEに入れこみます。
EVERNOTEは、クラウド上にテキストや画像、PDFファイルなどをアップロードして、MacやWindows、iPhone、iPad、Androidなど、プラットホームの違いを意識することなく自動的に同期してくれるクラウドサービスです。
私の中では、もはやEVERNOTEは必須のアプリケーションといえます。

私は、EVERNOTE上に「読書ノート」というノートブックを作っていて、そのノートブックの中に、ポメラで入力した読書メモを入れこむわけです。

MacBook AirのEVERNOTEに放り込んでおけば、後は自動的に他のプラットホームでも同じファイルを見ることができます。
私は空き時間がある時にはAndroidのEVERNOTEで「読書メモ」のノートブックを開き、見返しています。

そして、読書メモは自分のものだけで終わらせるのはもったいないので、それを他の人にシェアします。
自分が良いと思ったものは、積極的に他の人にシェアするようにしています。

他の人に本の内容を話すという方法もありますが、話したい時に人がちょうどいるとは限りませんし、その内容に興味を持ってくれるとは限りませんので、一番行いやすい方法としては、やはりSNSではないでしょうか。

SNSの中でもオススメはFacebookです。
私は、読書をしたらFacebook上の友達に向けて内容をシェアするようにしています。

Facebookがシェアに向いている所は、「いいね!」や「コメント」がつくことで、どれだけ他の人も良いと思ってくれたのか、という反応が手応えとして分かることです。

また、友達から何かしらのコメントがあれば、そこで自分にとって新しい気付きがあることもあります。これも副次的な効果ではないでしょうか。

Twitterも良いのですが、文字数が140文字と制限があるため、書ける内容が限られるので、Facebookの方が書きやすいと思います。
Facebookに投稿する際には、「読書ノート」をそのまま投稿すると、これは自分にとってのメモなので、他の人には前後の文脈が分からず、伝わらないことがあります。

そこで、書評を書くように、「読書ノート」をさらに自分の中で噛み砕いて、他の人にも分かりやすい形で再構成して、補足説明なども加えつつ投稿するようにしています。

もちろんFacebookでも全ての内容を紹介することはできませんので、自分にとって一番勉強になった箇所や、感動した箇所、一番重要だと思う箇所を選んで投稿するようにしています。

自分の投稿にFacebook上の友達が共感してくれた時は嬉しいものです。

そして最後ですが、EVERNOTEに入れ込んだ「読書ノート」は、空き時間があれば何度も見返して、自分の血肉にします。

血肉にするとは、本の内容が頭で理解できて、記憶できて、それを実践ですぐに使えるまでに自分のものにすることです。

「記憶」するためには、何度も繰り返し見返す、ということがポイントになります。EVERNOTEに入れておけばスマホでいつでも見返せるので、記憶に残りやすいのです。

以上が、「読書の速さを劇的に速くできた私の方法」です。

私自身、読書や勉強に関するいろいろな本を読んできた中で、良い所を取り入れていきながら自分なりに作ってきた方法です。
この方法がみなさんにも同じように当てはまるとは限りません。

1回目の投稿の始めにも書きましたように、知的生産の方法というのは、ある人の方法がそのまま他の人に当てはまることは少ないと思います。
他の人の方法はあくまで「参考」であって、本当に自分に合う方法は、やはり自分で試行錯誤して作り上げていかなければならないものだと思っています。

私も、この方法が完成形とは言えないかもしれませんので、今後も最適な方法を模索していきたいと思います。

アウトプットを前提としたインプットで、吸収の効率を最大化する

 

 

 

 

この本でも紹介されていますが、

情報をインプットする時に、アウトプットを意識してインプットをすると、効率が何倍にも高まります。

 

例えば、この後、みんなに向けてあるプレゼンをしないといけない、というせっぱ詰まった状況を思い浮かべて頂ければ、少しでも良い情報を自分の中に入れておくために、大量の情報の中から、今の自分に必要な情報をかなりの集中力でインプットしていくと思います。
そしてその情報の記憶力も普段よりかなり高まると思います。

 

このように、アウトプットの場を意識してインプットすることで、情報の吸収率を高めることができるのです。

 

アウトプットの場としては、
例えば、勉強会や、プレゼン、twitterやfacebookといったソーシャルメディアへの投稿、報告書の作成や、友達や家族に話すといったこともアウトプットの場になります。

 

本を読むときには、何かアウトプットするネタを必ず1つは見つけるぞ、という気持ちで読むと、いつもより気付きが増えると思います。

 

私が以前このブログに「facebook勉強術」という記事を投稿しましたが、まさにこの事です。

 

ソーシャルメディアへのアウトプットを利用して、自分のインプットの効率を高め、自己成長にもつなげる、という一石二鳥の方法なのです。

 

これは、実際の私の仕事の上での経験からもいえることです。
他のスタッフに向けて勉強会を開く、という目的をもってインプットすると、何の目的もなくただ勉強する場合と比べて、インプットできる量が格段に違いますし、記憶に残る量も違ってきました。
自分の頭にしっかり入れておかないと、勉強会で質問をされた時にカッコ悪い、というプレッシャーも手伝って、記憶の定着率が良くなります。

 

勉強会に限らず、情報のインプットの際には全てアウトプットを意識して行うと、効率が高まってオススメです。

 

 

iPhoneで大人気の「Instagram」が、Android版でついに登場!

 

 

iPhoneの写真共有アプリとして大人気の「Instagram」が、ついにAndroidにも登場しました!
この登場をどれだけ待ち望んだことか。

 

google Playの「Instagram」ページ

 

私もiPhone版の時に使っていて、大満足のアプリでした。
iPhoneからdocomoのGALAXY S2に乗り換える時には、まだAndroid版のInstagramが出ていなかったため、泣く泣く諦めました。

 

簡単にInstagramの良い点を挙げると以下の通りです。

・スマホで写真を撮ったら、17種類のフィルターでトイカメラ風や、レトロな感じに仕上げることができる。
(iPhone版にあるティルトシフトのフィルターは今のところAndroid版にはないようです。)
・フィルターで仕上げたら、世界中のInstagramユーザーに発信することができる。
・写真版SNSのような感じなので、Instagramユーザー同士で、好きな写真にはfacebookの「いいね!」のようにハートマークを付けることができるし、コメントを投稿することもできる。好きなユーザーをフォローすることもできる。
・共有機能もあるため、twitterやfacebook、Foursquare、Tumblrにも同時に写真を共有することができる。
・これだけ完成度が高く、素晴らしいアプリでありながら、無料である。

 

写真好きな私としては、かなりハマってます!

 

 

Instagramで加工した写真をDropbox経由でmacbookに送れば、こうしてブログ用の写真素材としても使うことができます。

 

自分が加工した写真を投稿するのも楽しいですし、人気のある写真を見るだけでも楽しめます。

 

外国のユーザーが多いので、普段見ることができない外国の日常生活の写真も見ることができて、これもまた楽しめます。

 

さらに、ライフログ的に、毎日の生活の記録にもなるので、後から自分の投稿した写真を見返しても楽しめます。
視覚的な情報は記憶に残りやすいため、過去に投稿した写真を見ていると、写真を撮った時の情景が生き生きと浮かんできます。

 

 

 

これまでも、Android版でもいろいろな写真共有アプリはありましたが、フィルターに満足できるアプリは少なかったです。
Instagramはフィルターの完成度が高く、どのフィルターもとても味があって好きです。
小さいサイズの写真は加工できない設定になっている点からみても、写真の完成度を落としたくないという会社の意志が読み取れます。

 

私の中で、すでに神アプリとなっています。

 

みなさんも、Instagram始めてみませんか?
ちなみに、私のInstagramのユーザー名は、「matworks」です。
検索してみて下さい。

 

 

※上記のアプリの内容は、2012/4/5時点の情報です。
今後変更される可能性があります。

 

 

複数のソーシャルメディアを段階的に使い分ける

 

以前にも書きましたが、現在私が主に使っているソーシャルメディアは、

・ブログ(WordPress)
・facebook
・twitter

です。
これらのソーシャルメディアは、それぞれに特徴があります。
その特徴に合わせて使い分けれるのが良いかと思います。

 

大ざっぱな言い方ですが、私の中での使い分けは、
twitter < facebook < ブログ
の順で、かっちりとした投稿になっていきます。

 

私なりのソーシャルメディアの使い分けは、以下のようになります。

 
twitterは、匿名でできますし、投稿できる文字数が限られていることもあって、かなりユルい投稿も気軽にできる性質があります。
タイトルなしでいきなり本文を書けるというのも気軽さの理由の1つでしょう。
タイムライン上にはたくさんの投稿が流れていきますので、それを見る人は、興味のない投稿であればスルーして「読み流す」ことができますので、大量に投稿したとしてもそんなに迷惑になるということもありません。
そのため、単に自分のための「ライフログ」を目的として使うことも多くあります。

 

facebookは、実名で行う決まりがあり、友達との「交流」を主な目的としたSNSですので、twitterよりも内容的には濃いものになります。
実名での交流ですので、オフラインでの交流と同様、「人の目」を意識した投稿にする必要があります。
写真を使った投稿のほうがより「いいね!」をもらえる率が高くなるということも言われていますし、twitterよりも長文の投稿が可能ですので、より情報量の多い、深い交流ができます。

 

ブログでは、facebookよりもさらに長文の投稿が可能です。
また、twitterやfacebookでは、タイムラインといって、時間の経過とともに過去の投稿がどんどん下に下がってしまい、過去の投稿内容を見るのは大変になってきますが、ブログでは、種類によっては(私はWordPressというブログを使っています)、「固定ページ」といって、新しい投稿に押し流されない、固定したコンテンツを作ることが可能です。
これはブログの大きなメリットではないでしょうか。
常時参照しやすい形で、自分の提供したいコンテンツを見せることができるわけです。
このコンテンツが充実してくると、常に見にブログを来てくれる「固定客」ができてきます。
要するに、自分の「ファン」ができるわけです。
ブログでは、ページを充実させればさせる程、この「ファン」を増やしていけるという楽しみも出てきます。
このファンが増えていけば、自分の発信でより多くの人に影響を与えることができるようになり、発信力が強くなっていきます。
アルファブロガーと呼ばれる人達がその良い例です。
一般人である人が、ブログの強い発信力によって、多くのメディアに取り上げられていき、有名人となっていくのです。

 

このように投稿内容によってどのソーシャルメディアを使うかを選択する必要があります。

 

また、複数のソーシャルメディアを使うことで、相乗効果も期待できます。
私の場合、ブログに投稿をアップしたら、そのお知らせをtwitterとfacebookに投稿するという事をしています。
これにより、ブログを見てくれている人達だけでなく、twitterのフォロワーやfacebookの友達にもブログを見てもらえる可能性が高くなります。

 
ブログを見てくれたことでtwitterのフォロワーやfacebookの友達になってくれる方もいますし、twitterのフォロワーやfacebookの友達がブログのファンになってくれることもあり、相乗効果でファンを増やしていくことができるわけです。

 
1つのソーシャルメディアだけでなく、複数のソーシャルメディアを使い分けることで、よりきめの細かい情報発信ができるのではないかと思っています。

 

 

ソーシャルメディアへの投稿で自己の成長を促す

 

最近、いろいろなソーシャルメディアが急速に発展してきました。
私が主に使っているものとしては、

 

・ブログ(WordPress)
・twitter
・facebook

があります。

 

 

ソーシャルメディアに投稿するメリットとしては、以前にも書きましたが、

・自分が成長する
・自分という存在を対外的にアピールする

という事があるといわれています。
この2つのメリットは大きいと思います。

 

 
ソーシャルメディアを使って発信することで、自分の考えをさまざまな立場、環境の人に知ってもらい、フィードバックを受けることができます。
井の中の蛙から脱することができます。

 

 
また、「人に見られる」という前提で文章を書くことにより、文章力が磨かれます。
いかに人に「読んでもらえる」文章を書くか、ということを考えるようになり、いかに「分かりやすく」書くか、ということを意識するようになり、それが文章のトレーニングになります。
それは、イコール思考のトレーニングになります。

 

 
まず、普段から書くネタを探すようになりますので、人に伝えると面白いと思える事にアンテナを張るようになります。

そして、見つけたネタを分かりやすく人に伝えるために、どうしたら多くの人に理解してもらえるか、ということを意識した文章構成を考えるようになります。

そして実際に書く段階になると、書いた後に、「やっぱりこの表現の方が伝わりやすいかな?」というように、人に伝えるのに適切な表現を試行錯誤するようになります。
この段階では、辞書などを使って、言葉の意味や使い方などを勉強することもあります。

そして、書き終わった後には、第3者の目線になって客観的に自分の文章を見る、ということをします。
この段階では、冷静に自分の思考を追っていくことで、論理的な間違いがないか、などを思考します。

 

 
このように、日常的に人の目にさらされる文章を書くことは、思考のトレーニングにつながるのではないかと思います。

 

 
ただ、ソーシャルメディアでは、本の出版のように、何重もの人の手が入って生み出されるものとは違い、公の場にオープンにされるまでの過程がダイレクトであるため、投稿されるまでにその内容をふるいにかけるのは自分しかいない、ということになります。

 

 
そのため、いかに自分を客観的にみることができるか、という「メタ認知」の能力が大切になってくるのではないかと思います。