モレスキンの中身をEvernoteで自由に検索する

 

 

 

アナログ情報は、

・情報を書き留める速さ
・受け止める情報の自由度
・情報の一覧性

においてデジタルよりも優れているわけですが、

デメリットとして、

・検索性が低い

ということが挙げられます。

この検索性の低さをカバーするのに、デジタルは最適です。
デジタルのメリットは、検索性の高さですので、これをアナログと併せて活用することで、アナログ情報が最大限に活かされます。

 

具体的に説明します。

まずは、モレスキンに情報を書き留める時点で、検索のキーとなるインデックスも一緒に記入します。
インデックスというのは、

・日付
・ページ数

など、情報を探す時の目印となるものです。

次に、Evernoteでモレスキン用のノートブックを作り、そこにモレスキンのインデックスと情報を入力していきます。

Evernote上で、1冊のモレスキンにつき1つのノートを作成し、日付・ページ数と、タイトルを入力していきます。

つまり、1つのノートを見れば、1冊のモレスキンに何が書かれているかが一覧で分かるわけです。
目次を作成する感覚です。

どのモレスキンに書いたのかが分かるように、それぞれのモレスキンにも番号を振ります。

 

例えば、
「モレスキン 002」という名前のノートに、
P12 業務報告会について

と書いてあったとすると、2冊目のモレスキンの12ページ目に業務報告会についての情報が書いていることを表します。

 

また、インデックスを作る時の注意点としては、全ての情報についてインデックスをEvernoteに入力していくのは手間がかかりますので、

・フロー情報:一定期間が過ぎた後には価値がなくなる情報
・ストック情報:時間が過ぎても保管して参照する必要がある情報

に分けて考え、フロー情報についてはEvernoteでのインデックスを作らないようにすると、その分手間が減ります。
例えば、イベントが過ぎれば必要がなくなる一時的な覚え書きなどがそれにあたります。
ストック情報は、今後何度か参照する必要がある情報ですので、Evernoteで検索に引っかかるようにしっかりとインデックスを作っておきましょう。

 

奥野宣之さんの著書「情報は1冊のノートにまとめなさい」
では、これをエクセルで入力していくと説明されていますが、

Evernoteでも同様なことができます。
むしろEvernoteの方が、全文検索が一瞬で容易にできるし、パソコンでもスマホでもタブレット端末でも同じEvernote上の情報が検索できるため、端末を選ばないというクラウドのメリットが活かせるのではないでしょうか。

 

 

 

 

モレスキンを「情報のハブ」として活用する

 

 

私は、モレスキンというノートを「情報のハブ」として活用しています。
最近は、文房具屋を見てまわっても、いろいろな種類のノートがでています。
その中でも、私がモレスキンを選んだ理由としては、以下のメリットがあったからです。

【他のメモ帳とモレスキン(ポケットサイズ)を比較した時のメリット】
・パンツの後ろポケットにも入るし、Yシャツの胸ポケットにも入るため、いつでもどこでも携帯できる可能性が高い。
・表紙が厚く下敷き代わりになるため、立った状態でも書きやすい。
・ゴムバンドがついているため、持ち歩く時にバラバラと開かず、持ち歩きやすい。
・角が丸く処理されているため、ポケットにスッと入れやすく、角の部分が折れたりしにくい。
・しおりがついているため、書きたい時にすぐに白紙ページが出せる。
・100円ノートの約2倍のページ数があるため、頻繁に変えなくても良い。
・高級感があり、目上の人の前や大事な商談などでも心おきなく取り出せる。

 

100円ノートと比べると、かなり割高ではありますが、モレスキンのメリットと、メモに対する気構えを考えたら、決して高くはないと思います。

 

私の所属しているリハビリテーショングループのトップである社長も、つい先日、こう言われていました。
「そこら辺の紙切れなんかに絶対にメモするな!紙切れは絶対になくす。簡単には捨てられないぐらいの高いノートを買って、いつも持ち歩け!そしていつも見返せ!」
まさにその通りだと思います。

 

私は、思いついたアイデアや見聞きした情報など、思い付くことをフリーフォーマットでいったんモレスキンにメモします。
そして、そのメモを次にどう活かすのかを検討し、ラインを引いていきます。
この手書きメモにラインを引くという内容は、以下の本のp66に書かれていた内容を参考にしたものです。

 

 

この本では、
・赤:タスク ⇒Toodledoへ
・青:予定 ⇒手帳、Googleカレンダーへ
・緑:情報 ⇒EVERNOTEへ
という分け方で線を引き、処理をしていくと書かれています。

私の場合、紫色をプラスし、4つに分類します。
・赤:タスク ⇒Remember The Milkへ
・青:共有情報 ⇒ブログ、twitterやfacebookなどのSNSへ
・紫:予定 ⇒手帳、Googleカレンダーへ
・緑:情報 ⇒EVERNOTEへ

という分類です。
これはあくまでも例なので、自分なりの色分けを考えられると良いと思います。

こうすれば、モレスキンというノートを起点として、さまざまな情報の流れができます。

頭の中の情報をモレスキンに書き出していったん形にした後、ラインを引くことでそれを具体的な行動に移していくことが容易にできるようになります。
形にすることで、その後の取り扱いがしやすくなるのです。

 

ノートを活用し、情報の流れをスムーズにして処理していくためには、自分なりのルールを作ると上手くいきそうです。

 

モレスキンを活用するための参考書籍は以下の2冊です。
モレスキン好きの方々のいろいろな活用法が詰まっています。

 

 

これがモレスキンです。