呼吸療法認定士のサイトを独立させました

 

このたび、呼吸療法認定士の受験対策に関するサイトを、当サイトから独立させることにいたしました。

当サイトでは、仕事や勉強に関するライフハックや、呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士に関する情報、理学療法全般に関する内容を扱ってきましたが、呼吸療法認定士に関する内容に特化して情報をお伝えしたかったため、呼吸療法認定士に関するページを独立させて、別サイトで運用させて頂くことにしました。

そちらのページもどうぞよろしくお願いいたします。

呼吸療法認定士の勉強ノート

呼吸療法認定士の認定講習会でいい刺激を受ける

 

いよいよ、8月28日から9月4日まで、呼吸療法認定士の認定講習会が開催されますね!

参加される方は、さぞワクワクされているかと思います。
私が参加する時も、講習会前は楽しみでした。
何せ、受験のための正式な講習会なのですから。

この講習会、私が受講したのはもう7年前の話ですが、私にとってとても刺激になりました。

さまざまな職種の講師の先生が、それぞれの立場からお話をして下さるので、
1回の講義では分からなかった内容が、違う先生が違う角度から教えて下さることで「なるほど!」と思う瞬間が多々ありました。

また、重要なポイントは講師の先生が違っても何度も出てくるため、「ここが大事なんだな。」とポイントをつかむことができます。

呼吸療法認定士の試験は年々人気が高まっている様子で、受講者の数に圧倒されつつ、
巨大な会場に缶詰状態で朝から夕方まで講習がありますので、
きつさもありますが、呼吸の面白さ・奥深さを再発見する機会となり、とても充実感がありました。

私は講習会を受講する前から少しずつ勉強はしていましたが、あまりはかどっていませんでした。
しかし、この講習会を受講してからはモチベーションが高まり、かなり勉強がはかどるようになった経験があります。
この講習会が終わったら、いよいよ本腰を入れて勉強するタイミングではないかと思います。

今年受験されるみなさん、認定講習会を楽しんできて下さい!

基本なくして応用なし

 

6月に、県の理学療法士会の研修会の講師をすることになっているのですが、私がそこで強調したいことは、どんな分野でも「基本」をしっかりと固める必要性です。

 

私が理学療法士になりたての頃は、PNFなどの手技にばかり走っていました。

今思えば、どんな手技でも基本の上に成り立っているのに、その基本をかなりおろそかにしていたのだと思います。

手技をいかに上手くできるか、形を綺麗にできるか、ということにこだわっていて、手技を使うそもそもの基本である、“どういう患者さんに適用させるか”、“どういう問題に対してどう使うか”といった基本の考え方がかなりおろそかになっていた気がします。

反省です。

その後、心臓リハビリテーションを担当するようになってから、解剖学、生理学、運動生理学といった“基本”が本当に大切であるということを痛感しました。

心臓を勉強しているうちに、呼吸分野も勉強する必要性を感じて勉強し始めたのですが、その頃に“基本”はやはり間違いなく大切であるということを再確認しました。

基本がないと、臨床推論をする上での考え方の応用が効きません。

しっかりとした基本があるからこそ、さまざまな症状を呈する患者さんに応じて多様なアプローチを展開することができるのだと思います。

 

私が1年目の頃、当時の職場の上司であり大先輩の先生とご一緒に学会に参加する機会があったのですが、学会が終わった夜に2人で食事をしながら言われた言葉を今でも鮮明に憶えています。

それは、「やっぱり解剖学とか生理学とか運動学といった基本が一番大事だよ。私も今だから思うけど、若い時にもっと基本をしっかりと勉強しておけばよかったと本当に思うね。」という言葉です。

その時私は、まだ経験が浅かったため、その言葉の本当の意味をつかめず、そこまで重く受け止めていなかったのですが、今になってやっとその言葉の重さが分かりました。

どんな分野であれ、“基本”はしっかりと固めなければなりません。
基本なくして応用なしです。

今学生の方や、理学療法士として社会人になりたての方には、早いうちからこの“基本”の大切さに気付いて欲しいと思います。
私は気付くのが遅かったので、同じ過ちを犯さないためにこの事を伝えたいと思います。

 

最後に呼吸分野で私がオススメする“基本”を学べる本をいくつかご紹介しておきます。

■基本、絵や写真で構成されているため、とても読みやすく、初めの導入としてはかなりオススメの本です。しかもこのボリュームにしては安いと思います。

■呼吸療法認定士の基本テキスト。呼吸療法について幅広く網羅的に学べます。

■価格も安く、そのタイトル通り、呼吸分野の初学者の方にオススメです。

■内容はかなり難しいため、読むのに時間はかかりますが、呼吸と循環の生理学をしっかりと学ぶことができます。他の入門書を読んで、概要をつかんでから読んだ方が良いかもしれません。

■呼吸生理についてしっかりと学べます。図やグラフが多く、視覚的にも理解しやすい本です。

 

学会認定資格を取得したら、何ができるようになるのか?

 

 

私は、2006年に心臓リハビリテーション指導士を、
2007年に呼吸療法認定士の資格を取得しました。

 

これらの資格を取得して思ったことがあります。
資格を取る前は、試験への合格という目標のもとに、試験の内容に沿った勉強をしていくことになります。

 

合格という分かりやすい目標があり、試験の日程も決められているため、計画的に勉強できますし、勉強しようという意欲も湧いてきます。

 

私も初めは「この資格を取る」ということが大きな目標として存在していました。

 

そして、何とか無事に合格できたわけですが、合格した後に何か自分が変わったのか?と考えると、臨床業務では、大きくやることが変わるわけでもありません。

 

資格がないとできない業務がある、というような資格は別として、こういった学会認定資格というのは、合格したからといってできる業務範囲が広がるわけではないですし、すぐに実践で何かができるようになる、というものではないと思います。
私の認識としては、その分野のベースラインの最低限の知識を学んだ、というものだと思います。

 

自分の職種に関するものだけではなく、他職種に関する知識も問われますので、知識の広がりはできます。
広く浅く、という感覚です。

 

心臓リハにしても呼吸リハにしても、多職種による“包括的な”リハが効果を発揮しますので、他職種と重なる部分の知識は必要だと思います。
職種ごとに完全な縦割りの守備範囲ではなく、この重なる部分があることで、各職種が他職種との連携に配慮しながら、フレキシブルに対応できるのではないかと思います。

 

そのベースラインの知識を身につけることがこういった学会認定の資格であって、そこが最終目標ではないと思います。

 

そのため、その先の自己学習、生涯学習によって初めてその知識が活かされてくるのだと思います。

 

こういった他職種に関する知識を身につけると、新しく広がった知識を身につけたことが嬉しくて、どうしてもそちらの知識を拡げたいという欲求が出てくるのですが、ここで注意が必要なのは、他職種が関わる分野の知識を拡げても、自分の専門性を高めていくことはできません。

 

他職種の分野は、あくまで“包括的な視点”を持つためのものであって、あくまで専門は自職種の分野であるはずです。

 

その後の自己学習によって、いかに自分の職種の役割としての専門性を高めていくか、そしてチーム医療の中でいかに自分の専門性を発揮していくか、が大切だと思います。

 

 

【今日の1冊】ICUのための呼吸理学療法―早期離床を目指す理論と実践

 

 

ICUにおいて、超早期から呼吸理学療法を行うにあたっての注意点や、考え方から書かれており、有用です。

 

網羅的な内容で、これ1冊あれば早期からの呼吸理学療法に必要な知識を得ることができます。

 

私は呼吸療法認定士を取得して数年経過してからこの本を購入しましたが、知らなかった知識もあり、オススメの1冊です。

 

 

 

 

「発信」力

 

 

今日、メディカ出版さんの専門誌「呼吸器ケア 4月号」が届きました。

私が初めて執筆した記事が掲載されました!
特集テーマは、「お手本にしたい!呼吸ケアチーム活動プログラム」という内容で、当院での呼吸サポートチームの活動内容についての紹介記事を書きました。

 

きっかけは、学会発表でした。
自分へのノルマとして、日本呼吸ケア・リハビリテーション学会には、3年前から毎年発表をしてきました。
その発表の抄録がメディカ出版さんの目にとまり、原稿執筆の声をかけて頂いたのです。
学会発表がなければ、このご縁もなかったのです。

どこで何がきっかけになるか分からないと思いました。

4年前の平成20年にRST(呼吸サポートチーム)を立ち上げ、細々と活動をしてきましたが、まさか呼吸ケアの専門誌に掲載して頂けるとは思いもしませんでした。

 

私がこのRSTの活動を通じて学んだことの1つ、それは、いかに「発信」が大切か、ということです。

 

自分の心の中で思っているだけでは、何も起きません。
自分が考えたことをいかに世の中に発信していくか。
この大切さを学びました。

リハの世界で理学療法士として感じたことを、いかに他部署に発信していくか。いかに病院全体に発信していくか。

そして、学会発表などで発信していくか。

このブログにしても、twitterやfacebookなどのSNSにしてもそうです。
いかに発信していくか。

 

その「発信」を契機として、その発信を見聞きした方から、思わぬ反応があることがあります。
「実は、自分も同じ事を考えていた。」、「その考え、面白いね!」などです。
この反応によって、「自分の考えは間違っていなかったんだ。」と確信を強めたり、場合によっては反対意見が出ることもあり、「そういう考え方もあるんだね。」と考えさせられる事も多くあります。

全ては、「発信」がスタートとしてあります。
私も、自信を持って発信しているわけではありませんが、自信がない状態でも、まずは、「発信」してみることに意義があるのではないでしょうか。

 

北野充さんの著書、
ビジネスパーソンのためのツイッター時代の個人「発信」力(ディスカバー・トゥエンティワン)
によると、発信には、

・自分が成長する
・自分という存在を対外的にアピールする

という2つのメリットがあると書かれています。

 

最近では、Twitterやfacebook、ブログなど、個人がお金をかけずに、気軽に発信できる環境が整ってきましたので、発信のハードルはかなり下がっています。
これはかなりのチャンスだと思います。

ただ、ハードルが下がっているからこそ、玉石混淆の数多くの発信の中から、自分の発信を選んでもらえるような質の高い発信をしていけるか、ということを意識していく必要があると思います。

質の高い発信をするためには、やはり、発信の機会を多く持ち、いろんな経験をすることだと思います。
その経験というフィードバックを得ることで、次からの発信に磨きをかけられるのだと思います。

 

発信を躊躇しているみなさんも、「発信」を初めてみませんか?

 

 

 

宮川哲夫先生の研修会

 

今日は、福岡県の西南女学院大学で開催された宮川哲夫先生(昭和大学教授)の研修会に参加してきました。

主にスクイージング、排痰法についてでした。

昨日は東京で日本呼吸ケア・リハビリテーション学会にいらっしゃったので、今日福岡へ到着されたとのことでした。
私は今日1日だけの参加ですが、研修会は今日から3日間連続で3日の文化の日まであります。
宮川先生のご多忙さには驚かされます。

しかも資格の多さにも驚かされます。
研修会での御略歴紹介を聞いていると、ハワイ大学をご卒業され、理学療法士、米国呼吸療法士、臨床工学技士、医学博士の資格をお持ちとのことで、とてもすごい先生です。

研修会は実技が多く、とても分かりやすかったです。

参加者からの質問にも的確に答えられていました。
どれだけ勉強すればここまでなれるのでしょうか。

毎日の積み重ねが大事なのですね。
1日1日を大切にしていこうと思いました。

学会が終わりました

 

日本呼吸ケア・リハビリテーション学会での発表が無事に終わりました!

今回とても良かったのは、自分の発表ができたということもありますが、何よりも他の病院でのRST活動の取り組みを聞くことができたことです。
それぞれの病院がそれぞれの特色をもって色々な活動をしていて、とても参考になりました。
中には人工呼吸器が100台稼働しているという強者の病院もありまして、驚きました。
当院のRST活動はまだまだだな、とため息が出ました。
このため息をため息のまま終わらせずに、次の活動への原動力にしたいと思います。

自分の病院でRSTとして今後何をしていったら良いのか、そのイメージができてきました。
これは大きな収穫でした。
RSTとしてやりたいことがたくさん出てきて、今とてもワクワクしています。すぐにでも活動を開始したいです。

学会に行く大きなメリットとして、臨床を頑張るためのモチベーションがアップするということがあると思います。
みなさんさまざまな環境で、さまざまに頑張られていて、自分ものんびりしていられないな、という気持ちにさせられます。
このモチベーションを得るためだけでも、学会に参加する意義はあると思います。

しばらく学会発表から遠ざかっていましたが、これからは毎年何かしらの学会で発表していこうと心に決めました。

第19回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

 

第19回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会で東京に来ています。

1日目が終了しました。
長崎大学の千住秀明先生や京都大学の玉木彰先生の発表を聞きました。
とても勉強になる内容でした。

学会に参加すると、第一線で活躍されている先生方から刺激を受け、臨床を頑張るモチベーションが上がってきます。
モチベーションを維持し続けるためにも、学会への参加って大事ですね。

1つ驚いたことがありまして、私はポスター発表で申し込んでいたので、そのつもりでポスターも印刷して持ってきていたのですが、東京に来る飛行機の中で抄録集を見ていたら、私の発表がなんと“一般口演”になっているではありませんか。そう、口述発表に変更になっていたのです。
これにはビックリしました。
それにしても私の発表が2日目で良かったです。
しかも2日前に気付いて良かったです。
当日気付いていたらと思うとゾッとします。

というわけで、今ホテルでスライドと発表原稿作りに追われています。
口述発表の方が発表時間が2分長いので、作り直しているところです。
ゆっくり東京観光もできませんね・・・。

学会発表

 

今月の30、31日に東京の品川プリンスホテルで開催される、日本呼吸ケア・リハビリテーション学会で発表することになっています。
ポスター発表です。

今スライド作りに追われています。
どうも発表の方向性が定まらず、悩んでいます。

当院での呼吸サポートチームの活動内容について発表するのですが、最近は院内向け勉強会の参加者がめっきり少なくなってしまい、この勉強会の活動は果たして意味があるのか!?と感じていたところでした。
勉強会を開催する側だけがモチベーションが高くても、受ける側がモチベーションが低く、参加者が少ないのであれば、意味がありません。
初めはもっとスムーズにいくと思っていたのですが、甘かったです。
今後は何とか勉強会の参加者が増えるように考えていかなければなりません。

問題があるからこそ、成長できると考えて突き進むしかありません!