井澤和大先生の特別講習会

 

今日は、聖マリアンナ医科大学病院リハビリテーション部の井澤和大先生の特別講習会でした。
テーマは、「虚血性心疾患患者に対する理学療法」でした。

井澤先生は1つ1つの内容をとても丁寧に分かりやすく説明して下さりました。
先生は早稲田大学で博士号を取得していらっしゃるだけあって、さまざまな研究成果を講義資料に盛り込まれていて、知らない内容も多く、とても勉強になりました。

講習会はもちろん勉強になりましたが、懇親会では聖マリアンナ医科大学病院の教育システムなどの話をお聞きすることができ、リハ科の運営においてとても参考になりました。

また、とても謙虚で低姿勢な先生でして、これだけ心臓リハビリテーションの分野において有名な先生でありながら、とても謙虚であることに感動しました。
やはり人間はいつまでも謙虚さを忘れてはいけないと思いました。
謙虚な人ほど、慢心せず、成長できるのだと思います。

明日も2日目の講習会があるので、とても楽しみです。

↓まだまだあるリハビリ関係のブログ
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

↓医療従事者のブログトップは?
人気ブログランキングへ

後輩教育

 

今日、後輩と話していて、ヒントになることがありました。

呼吸サポートチームの会議の中で、話が脱線して患者さんの話になり、後輩が普段の臨床の中でどんなことを考えているのかということを知ることができたり、その話の中で教えることができたりしました。

普段、業務中にはなかなかこうやって後輩と話す機会がなく、勉強会をするにしても、勉強会の内容だけの質問と答えのやりとりで終わったりしていて、なかなか臨床に結びつくような深い話まではできなかったのですが、今回フリートークで結構充実した話ができたので、これは使えるのではないかと思いました。

勉強会を開くというと、開くほうもある程度プレッシャーがありますし、準備もそれなりに必要です。
勉強会というかしこまった形ではなく、こういった先輩と後輩のフリートーク会を開くと、どちらも気軽に色々なことが話せて、良いのではないでしょうか。
後輩が何を考えて臨床をしているのかを知ることができるのではないかと思います。

フリートーク会、実践してみようかと考えています。

↓まだまだあるリハビリ関係のブログ
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

↓医療従事者のブログトップは?
人気ブログランキングへ

本のデジタル化

 

この本にも書かれていますが、Plusの卓上裁断機のPK-513を使って書籍のページを全て切り離し、FUJITSUのScanSnapを使ってパソコンへ丸々取り込んでしまうという情報管理術があります。
アナログ、デジタルそれぞれの情報管理にメリット、デメリットがありますが、デジタル化するメリットというのは、

1.書籍というモノ自体のスペースを物理的にとられないということ(小さな本でも、積もり積もれば部屋のスペースを占有してしまいます。)
2.パソコンで文字列検索ができるようになるということ。
3.iPhoneにGoodReaderなどのアプリを使用して入れれば、何冊もの本をいつでも気軽に持ち歩き、参照できるということ。

などのメリットがあります。
重い医学書を何冊も持ち歩かなくても、どこでも参照することができるということは、勉強にとってとても大きなメリットになります。
調べたいと思った時が勉強するには一番良いタイミングだからです。
何事にもモチベーションが大切ですね。

私は本がとても好きなので、本棚がいっぱいになり、入りきらなくなってきました。
そこで、デジタル化しようと思い、裁断機なるものを調べたのですが、どうも価格が高いです。
Plusの裁断機なんかは3万円以上しますね。

今は裁断機にそんなにお金をかけられないので、今日ホームセンターで、カッティングボードととにかく一番大きいカッターと、定規を買ってきました。
全部で¥3,000程度でした。
これがなかなかよく切れます。
ただ、切りくずが出るのがデメリットですが。
まぁ、裁断機の3分の1ぐらいの値段なので切りくずぐらいは我慢しないとしょうがないですね。

これから少しずつ医学書をデジタル化していきたいと思います。

↓まだまだあるリハビリ関係のブログ
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

↓医療従事者のブログトップは?
人気ブログランキングへ

あけましておめでとうございます

 

新年、あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の目標は、ブログとホームページをもっともっと充実させることです。
特にホームページの方では、理学療法士の皆様の日常の臨床に役立つ情報を掲載していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

↓まだまだある医療専門職のブログ
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村

↓医療従事者のブログトップは?
人気ブログランキングへ