本のデジタル化

 

この本にも書かれていますが、Plusの卓上裁断機のPK-513を使って書籍のページを全て切り離し、FUJITSUのScanSnapを使ってパソコンへ丸々取り込んでしまうという情報管理術があります。
アナログ、デジタルそれぞれの情報管理にメリット、デメリットがありますが、デジタル化するメリットというのは、

1.書籍というモノ自体のスペースを物理的にとられないということ(小さな本でも、積もり積もれば部屋のスペースを占有してしまいます。)
2.パソコンで文字列検索ができるようになるということ。
3.iPhoneにGoodReaderなどのアプリを使用して入れれば、何冊もの本をいつでも気軽に持ち歩き、参照できるということ。

などのメリットがあります。
重い医学書を何冊も持ち歩かなくても、どこでも参照することができるということは、勉強にとってとても大きなメリットになります。
調べたいと思った時が勉強するには一番良いタイミングだからです。
何事にもモチベーションが大切ですね。

私は本がとても好きなので、本棚がいっぱいになり、入りきらなくなってきました。
そこで、デジタル化しようと思い、裁断機なるものを調べたのですが、どうも価格が高いです。
Plusの裁断機なんかは3万円以上しますね。

今は裁断機にそんなにお金をかけられないので、今日ホームセンターで、カッティングボードととにかく一番大きいカッターと、定規を買ってきました。
全部で¥3,000程度でした。
これがなかなかよく切れます。
ただ、切りくずが出るのがデメリットですが。
まぁ、裁断機の3分の1ぐらいの値段なので切りくずぐらいは我慢しないとしょうがないですね。

これから少しずつ医学書をデジタル化していきたいと思います。

↓まだまだあるリハビリ関係のブログ
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

↓医療従事者のブログトップは?
人気ブログランキングへ