A7リングメモとEvernoteでハイブリッドメモ

 

A7リングメモ

これまで、メモ帳といえば、バイブルサイズ・ミニ6穴サイズのシステム手帳や、A6サイズのキャンパスノート、A6サイズのロディア、モレスキンなど、さまざまなメモ帳を試してきた私ですが、最近ハマっているのは、A7サイズのリングメモ帳です。

A7サイズのリングメモが優れているのは、持ち運びの良さです。
このサイズはYシャツのポケットにも収まるし、家にいる時にはハーフパンツのポケットにも収まるし、割とどこでも持って行けます。

私の場合、文房具好きの血が騒いでしまい、そのままでは味気ないので、ミドリのトラベラーズノート(パスポートサイズ)に挟んで使っています。

トラベラーズノート パスポートサイズの限定版のスターエディションは革の色がキャメルなので、かなり味があって良いと思います。
限定版なので、もうあまり見かけなくなってきましたが。

 

実はそのままではトラベラーズノートには挟めないため、コクヨのシステミックのA7ノートカバーの台紙を利用して挟んでいます。(結構マニアックなカスタマイズをしています(^^;))

 

これまではコクヨ キャンパスノートのA6サイズを長い間利用していたのですが、メモする際のサイズ感はこのA6サイズが一番しっくりくるのですが、このサイズになると夏場の薄着の季節にはパンツのポケットには収まらないため(そのまま入れれば後ろポケットには何とか入りますが、私の場合はカバーを付けるので入りません。)、やはりA7サイズが収まりが良いのです。

メモする場面というのは、どちらかというと机の上でというより、出先で、立っている・歩いているような状況でメモしたいことが多いと思います。

アイデアはどこで生まれるか分からないからです。むしろ身体を動かしている時の方が頭が働きやすくなって発想が豊かになる気がします。(以下の書籍にもそのことが書かれています。)

ということで、メモするスペースよりも、持ち歩きの軽快さを重視して、A7リングノートを使うようになりました。

このメモ帳に変えてから、メモしたい時にメモできる事が格段に多くなりましたし、以前まではメモしようと思ってもメモできずにそのまま忘れていたことなどもメモで捉えることができるようになったので、かなりメリットは出ていると思います。

おまけにA7リングメモは、立った状態で書きやすいのです。
横開き式のキャンパスノートだと、右利きの私は左ページに記入する時には左手が下敷きになりますが、右ページに記入する時には立って書くには持ち方を工夫しないと書きにくいのです。

A7リングメモなら常に左手が下敷きになりますし、表紙カバーがプラスチックなど厚いものが多いため、表紙を裏返せば良い下敷きになり、どのページも常に同じ書きやすさで書くことができます。

また、A7サイズのリングメモはほとんどのコンビニで売っています。それだけ万人が使いやすく需要があるということでしょうか。
メモ帳を使い終わったらすぐに次のメモ帳を調達することができますので、かなり安心感があります。
ネットでまとめ買いもできます。

このA7サイズのメモ帳にメモした内容は、メモ帳が何冊も増えてくるとそのままだと埋もれていってしまうため、何日かに1度、Evernoteに移し替えるようにします。
このEvernoteに移し替える間隔はそれぞれの生活スタイルや性格に合わせて、毎日でも良いし、1週間に1度でも良いし、メモ帳が終了した時点でも良いと思います。
ただ、記憶の面からいうと、3日後ぐらいの方が復習の意味でも記憶に残りやすいのかもしれません。

Evernoteへの取り込みはスマホの写真で撮影して取り込んでも良いですが、私の場合は手入力で入れることが多いです。
画像データだと開く時にどうしても重くなりますし、Evernoteでは画像データ上の手書き文字もテキスト検索できることが多いのですが、手入力でテキスト入力しておけば確実にひっかかってくれるので安心感があります。

メモの内容によっては、TODO(アクションを起こさないといけない内容)であればEvernoteではなくRemember the milk(TODO管理サービス)に入力します。

こうして、メモした内容をメモ帳の中だけに埋もれさせず、長年蓄積したメモを活用できるようにデータベース化していくことがさらに大切なことだと思います。
自分が考えて・ひらめいてメモした内容は、ネット上のどこを検索しても見つからない、自分オリジナルの内容だからです。

やはりメモは、機能性重視で選びたいものです。