情報発信の大切さ

 

最近、情報発信の大切さを痛感しています。

以前、ある呼吸器系の専門誌から原稿の執筆依頼があったのですが、それは呼吸器系の学会での発表がきっかけでした。
発表の抄録を見て下さった出版社の方からお声かけを頂いたのです。
その学会はもう5年連続で発表していますので、コツコツと毎年継続的に発表を続けた結果だと思っています。

また、最近ある雑誌から原稿の執筆依頼があったのですが、それは、私が最も尊敬する理学療法士の先生からの推薦があり、出版社から依頼があったものでした。
これもSNSでの情報発信をその先生が気にかけて下さっていた結果ではないかと思っています。

自分から外の世界に向けて情報発信(アウトプット)する。
そして、それに対してのレスポンスがある。
これが情報発信の醍醐味です。

より良いレスポンスを得るためには、より質の高い情報発信をする必要がある。
そしてより質の高い情報発信をするためには、普段から質の高いインプットをして、それを自分の中で取捨選択、組み立て直しをして加工しておく必要がある。

情報発信のためには、この普段からの地道な知的生産活動が不可欠だと思います。
いつか日の目を見る時のために、日常での下準備が必要です。