教科書を7回読むという勉強法

 

今日ご紹介する1冊は、この本です。



書名:東大主席弁護士が実践!誰でもできる<完全独学>勉強術
著者:山口真由
出版社:SB新書

著者は、東京大学法学部に現役合格し、大学3年生の時に司法試験に一発合格、大学4年生の時には国家公務員Ⅰ種試験(現・国家公務員総合職試験)に合格したという超エリートですが、その勉強法を解説された本です。

簡単にいうと、教科書を7回読むことに徹するという方法です。

著者によると、1〜2回読んだだけで勉強できた人達が天才で、7回読まないとできなかった自分は努力してやっと同じ土俵に立てたといっています。

ポイントとしては、

・ノートは一切とらない。授業の内容は全部教科書に書いてあるから。

・教科書に線を引いたり書き込んだりはしない。教科書を読むというインプットの作業に線を引くというアウトプットの作業が入ると読むスピードが落ちる。そもそもマーカーがついていると読むのに邪魔。

教科書7回の読み方とは、以下の流れです。

・1〜3回目教科書全体をざっと「眺める」ことが目的。教科書全体のイメージをつかむ。この段階では、内容はほぼ理解できなくてOK。
・4〜5回目ようやく「読む」というレベル。教科書のどこに何を書いているのか、それがなにを意味するのかを知る段階。理解度が8割ぐらいになる。
・6〜7回目内容を頭に「叩き込む」段階。図版や資料まで含めて、細かいところまで完全に理解する。
各段階の詳しい説明も詳細に説明されています。

他の速読術の本でも紹介されていますが、本はゆっくりじっくりと1回読むよりも、サラッと何度も繰り返し読んだ方が頭に残りやすいということでしょう。

速く何度も繰り返し読むメリットとしては、・速く読むことで全体の構成が頭に入りやすい⇒構成が頭に入ると記憶しやすい・どこが重要でどこが重要でないかの判断がすぐにつきやすいため、重要でない箇所を読むのに時間をかけなくて済む・日にちを空けて繰り返し読むことで記憶に残りやすい⇒短期記憶から長期記憶に移行しやすい
という事があると思います。

これを上手く使った勉強法といえるのではないでしょうか。何かしらの勉強をする方は、読んで損はないと思います。

アウトプットの質を高める方法とは?

 

今日ご紹介する1冊は、

学びを結果に変えるアウトプット大全
樺沢紫苑 著
(サンクチュアリ出版)

タイトルの通り、アウトプットの考え方と方法がこれでもか!というぐらい盛り込まれています。

私はこの本を読んで、28個の学びを得られました。

その中から、私の大きな気づきについて3点書いてみます。

1.本を読んだら、1冊ごとに必ずアウトプットする
2.マニアックな記事ほど反応は高い
3.「デジタル」と「アナログ」はどちらが優れているか?という議論は意味がない


まず1つ目です。
1.本を読んだら、1冊ごとに必ずアウトプットする

これまで私は、とにかく短時間でたくさんの本を読むことを意識してきました。
平均すると週1回ぐらいのペースで書店に足を運び、週1冊ペースで本を買っていると思います。

樺沢さんによると、アウトプットしないインプットは意味がない。
「月3冊インプット、0冊アウトプット」と「月1冊インプット、1冊アウトプットを比べると、」後者の方が圧倒的に成長できる。
アウトプットする時間がない人は、インプットの時間を減らしてでもアウトプットする事をすすめられています。

これまで本を読んで、頭に残った事をすぐ行動に移すことは意識していましたが、内容を読書ノートにまとめておいたり、ブログで書いたりする事がおざなりになっていた事に反省です。

アウトプットの質を磨いていくためには、まずアウトプットの量を増やす事が大切ですね。


2つ目です。
2.マニアックな記事ほど反応は高い

私自身、これまでTwitterやブログに書く時の意識として、多くの人の目を意識して書く事が多かったように思います。
「多くの人を意識した文章は、結局、ほとんどの人に響かない」という事です。

より深いマニアックな記事ほど、興味がある人にとっては響く内容になるという事を改めて気づかされました。


3つ目です。
3.「デジタル」と「アナログ」はどちらが優れているか?という議論は意味がない

これは私にとってずっと考え続けてきたテーマでした。
ノートや紙に書く事は好きだけど、管理したり検索するのはデジタルの方がやりやすい。
だったら、初めからノートは使わずにiPadを使ったら良いのではないか?という事でiPad ProとApple Pencilの組み合わせでノートを使わずにシンプルにする事も考えた事もありましたが、どうしてもiPadでは発想が拡がらない、頭に残らない、という事で、再びノートに戻る、なんて事を繰り返していました。

樺沢さんがいうには、「アナログ」と「デジタル」には、それぞれの優れた長所があるので、それぞれの長所・短所を知って、ケース・バイ・ケースで最適な使い方をするべき、ということです。

この内容を読んで、何か肩の荷がスーッとおりた気がしました。
「アナログ」と「デジタル」、そもそもどちらかに絞る必要なんてないんだと思えるようになりました。

例えば、プレゼンのスライド作りの例では、
まず、発想を書き留める、発想を拡げる、構想をまとめる段階では手書きでノートに書く。
次に、MS-Wordのアウトライン機能を使って構成を決める。
最後に、PowerPointを使ってスライドを作る。(この段階では考える作業は終了しているため、完全にスライド作りという作業として行う)
という流れです。

ぞれぞれの段階で「アナログ」と「デジタル」の最適な使い分けをする事で、アウトプットをより速くすることができるのです。

この本からの学びを活かして、どんどんアウトプットしていこうと思います!