第19回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会


 

第19回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会で東京に来ています。

1日目が終了しました。
長崎大学の千住秀明先生や京都大学の玉木彰先生の発表を聞きました。
とても勉強になる内容でした。

学会に参加すると、第一線で活躍されている先生方から刺激を受け、臨床を頑張るモチベーションが上がってきます。
モチベーションを維持し続けるためにも、学会への参加って大事ですね。

1つ驚いたことがありまして、私はポスター発表で申し込んでいたので、そのつもりでポスターも印刷して持ってきていたのですが、東京に来る飛行機の中で抄録集を見ていたら、私の発表がなんと“一般口演”になっているではありませんか。そう、口述発表に変更になっていたのです。
これにはビックリしました。
それにしても私の発表が2日目で良かったです。
しかも2日前に気付いて良かったです。
当日気付いていたらと思うとゾッとします。

というわけで、今ホテルでスライドと発表原稿作りに追われています。
口述発表の方が発表時間が2分長いので、作り直しているところです。
ゆっくり東京観光もできませんね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.