「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術


 

明治大学文学部教授の斎藤孝さんの著書
「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術
を読みました。

斉藤さんの著書を読むのは初めてですが、とても共感できる所が多かったです。
文章が頭にスッと入ってきました。
自分が何となく思っていたようなことが明確に文章化されていて、読んでいて気持ちよかったです。

特に、“情報を自分のものにする”ためにどうすれば良いか?という内容は納得でした。

理学療法士の私にも十分有用性の高い技術だと思います。
現代では医学の世界もさまざまな情報にあふれていて、その中から自分に有用な情報をいかに“使える”形で自分の頭にインプットするか、そしてそれをいかに活用するか、ということが重要になってくると思います。
その点でこの本に書かれている技術はとても役に立つと思っています。

さっそくこれを参考に情報のインプットとアウトプットの知的生産に活かしていきたいと思います。
みなさんにもオススメできる本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.