Toodledoで、タスク管理を極める!

Pocket

 

昨日から、タスク管理のWEBサービスとして、Toodledoを使いはじめました。


これまでは、同じくタスク管理サービスの代表格であるRemember the milkを長年使ってきましたが、Remember the milkにはない魅力を感じたため、お試しで乗り換えてみることにしました。

きっかけとなったのは、この本です。
最近、書店でかなり平積みにもされていました。

この本では、毎日のタスクをいかに把握して片付けていくか、ということが分かりやすく解説されています。

また、こちらも同じ著者の方が書かれた「シゴタノ!」の記事です。こちらも大変参考になります。

Toodledoの使い方 総集編 Toodledoの使い方全24回をざっと振り返ります!

この著者が言われているように、タスクの量が多くなってくると、やはりデジタルで管理した方が便利が良いことが多いです。
特に、毎日、毎週繰り返すようなリピートタスクは、アナログで管理していると、毎回、自分で手書きで書き出す必要がありますが、デジタル管理なら、勝手に毎日、毎週、同じタスクを自動的に挙げてくれるのです。

また、デジタルならではのメリットとして、ソート機能が挙げられます。
ソートとは並べ替え機能のことで、日付、プライオリティ(優先度)、コンテキスト、タスクを実行する場所などで自由に並べ替えをすることが可能なのです。
私の場合、Toodledoでコンテキストを「出勤前」、「朝イチ」、「午前」、「昼休み」、「午後」、「業務後」、「帰宅後」など、時間帯別で作成し、1日の流れの中でのタスクの位置付けが分かりやすいようにしています。

 

ソートでは、日付別で「Today」のタスクを全て表示し、その中で、
「コンテキスト」 ⇒ 「プライオリティ」 の順番でソートをかけるようにしています。
そうすると、その時間帯で実行すべきタスクが一目で分かり、プライオリティの高いものから順にこなしていくことができるのです。

 

Toodledoはまだ使い始めたばかりですので、また気付いた点があればレポートしたいと思います。

投稿者: 認定理学療法士 松田 浩昭

理学療法士17年目 リハビリ特化型デイサービスと訪問看護ステーションを経営 日々感じた事をアウトプットします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.