モレスキンを「情報のハブ」として活用する

Pocket

 

 

私は、モレスキンというノートを「情報のハブ」として活用しています。
最近は、文房具屋を見てまわっても、いろいろな種類のノートがでています。
その中でも、私がモレスキンを選んだ理由としては、以下のメリットがあったからです。

【他のメモ帳とモレスキン(ポケットサイズ)を比較した時のメリット】
・パンツの後ろポケットにも入るし、Yシャツの胸ポケットにも入るため、いつでもどこでも携帯できる可能性が高い。
・表紙が厚く下敷き代わりになるため、立った状態でも書きやすい。
・ゴムバンドがついているため、持ち歩く時にバラバラと開かず、持ち歩きやすい。
・角が丸く処理されているため、ポケットにスッと入れやすく、角の部分が折れたりしにくい。
・しおりがついているため、書きたい時にすぐに白紙ページが出せる。
・100円ノートの約2倍のページ数があるため、頻繁に変えなくても良い。
・高級感があり、目上の人の前や大事な商談などでも心おきなく取り出せる。

 

100円ノートと比べると、かなり割高ではありますが、モレスキンのメリットと、メモに対する気構えを考えたら、決して高くはないと思います。

 

私の所属しているリハビリテーショングループのトップである社長も、つい先日、こう言われていました。
「そこら辺の紙切れなんかに絶対にメモするな!紙切れは絶対になくす。簡単には捨てられないぐらいの高いノートを買って、いつも持ち歩け!そしていつも見返せ!」
まさにその通りだと思います。

 

私は、思いついたアイデアや見聞きした情報など、思い付くことをフリーフォーマットでいったんモレスキンにメモします。
そして、そのメモを次にどう活かすのかを検討し、ラインを引いていきます。
この手書きメモにラインを引くという内容は、以下の本のp66に書かれていた内容を参考にしたものです。

 

 

この本では、
・赤:タスク ⇒Toodledoへ
・青:予定 ⇒手帳、Googleカレンダーへ
・緑:情報 ⇒EVERNOTEへ
という分け方で線を引き、処理をしていくと書かれています。

私の場合、紫色をプラスし、4つに分類します。
・赤:タスク ⇒Remember The Milkへ
・青:共有情報 ⇒ブログ、twitterやfacebookなどのSNSへ
・紫:予定 ⇒手帳、Googleカレンダーへ
・緑:情報 ⇒EVERNOTEへ

という分類です。
これはあくまでも例なので、自分なりの色分けを考えられると良いと思います。

こうすれば、モレスキンというノートを起点として、さまざまな情報の流れができます。

頭の中の情報をモレスキンに書き出していったん形にした後、ラインを引くことでそれを具体的な行動に移していくことが容易にできるようになります。
形にすることで、その後の取り扱いがしやすくなるのです。

 

ノートを活用し、情報の流れをスムーズにして処理していくためには、自分なりのルールを作ると上手くいきそうです。

 

モレスキンを活用するための参考書籍は以下の2冊です。
モレスキン好きの方々のいろいろな活用法が詰まっています。

 

 

これがモレスキンです。

 

 

投稿者: 認定理学療法士 松田 浩昭

理学療法士17年目 リハビリ特化型デイサービスと訪問看護ステーションを経営 日々感じた事をアウトプットします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.