「もうすぐお迎えがきますから…。」

Pocket

 

 

以前、入院されていた患者さんで、腎不全の末期のご高齢の女性の方がいらっしゃいました。

 

いよいよ腎不全の状態が悪化してきていました。
その方のリハビリに入った時のことです。

 

その方の娘さんが穏やかな口調で、ふと、
「もうすぐお迎えがきますから…。」
と言われました。

 

私はその言葉を聞いて、
「そうですねぇ。」とうなづくわけにもいかず、
病状を考えると、「いえいえ、そんなことはないですよ。」と言うわけにもいかず、何と応えたら良いものか、言葉につまっていました。

 

その後、娘さんは、
「じゃあ私は帰りますので、どうぞよろしくお願いします。」
と帰られました。

 

この時、私は気付きました。
そうです、
「もうすぐお迎えがきますから…。」というのは、
天国へのお迎えではなく、家族の方が娘さんを病院に迎えにこられた、という意味だったのです。

 

何ともお恥ずかしい間違いですが、
みなさんもこんな間違いはないでしょうか?

 

この経験をしてから、
「もうすぐお迎えがきますからね。」という言葉をご高齢の患者さんにかける時、ちょっと躊躇することがあります。

 

投稿者: 認定理学療法士 松田 浩昭

理学療法士17年目 リハビリ特化型デイサービスと訪問看護ステーションを経営 日々感じた事をアウトプットします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.