東国原式ノート術で、“非効率的”だが“着実に”知識をインプットする

Pocket

 


最近、東国原式ノート術に非常に興味を持っています。

日経ビジネスアソシエ2012年7月号の特集は「仕事に効くノート術」というもので、その中で前宮崎県知事の東国原英夫さんのノート術が紹介されています。
以前読んだ本では、
「人生を劇的に変える東国原式勉強法」(アスコム)
という本でもそのノートの取り方は詳しく説明されていて、その時から少し興味はありました。

 

東国原さんのノート術の特徴は、いつでも持ち歩ける「知識ノート」と呼ばれるA6サイズのキャンパスノート(コクヨ)に、1ページ目からは政治経済のキーワードを、最終ページからは雑学的情報やデータ類を書いていくというものです。

約1ヶ月で1冊を使い終わり、常に過去3冊分と進行中の1冊の合計4冊を持ち歩かれているそうです。

そして、時間が少しでもあればその知識ノートを何度も何度も見返し、復習するのだそうです。

このノートには、ジャンルを問わず、気になったキーワードをどんどん書いていき、以前と同じキーワードが出てきたとしても、気にせず新しいページに書いていきます。
何度も何度も同じキーワードをメモすることはとても非効率ですが、非効率なメモほど覚えるということです。

この反復を3ヶ月程度していると、キーワードの記憶が自分のものになっていくのだそうです。

東国原さんは大学卒業後にタレントになり、その後早稲田大学に入学し、宮崎県知事になられたという実績があるだけに説得力があります。

地道な積み重ねが必要な方法ではありますが、これを実行していくことで着実に実力がついていくのだと思います。

私自身は、書いて覚えるやり方は時間がかかるのであまり好きではなかったのですが、今ではこの東国原式ノート術も試してみる価値があるのではないかと思っています。

医療従事者はデスクワークではないので、いつでも白衣のポケットに入れて持ち歩けるサイズのA6ノートを使うという点では、非常に馴染みやすいのではないかと思います。

投稿者: 認定理学療法士 松田 浩昭

理学療法士17年目 リハビリ特化型デイサービスと訪問看護ステーションを経営 日々感じた事をアウトプットします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.