モチベーションを上げるための読書


 

最近、千田琢哉さんの本にハマっている。

千田琢哉さんの本の書き方は、中谷彰宏さんにそっくりだ。

むしろ積極的にマネをしているのだと思うが、マネの仕方が半端ない。

名前を隠されていたら、どちらが書いた本か分からないぐらいだろう。

仕事の仕方もそっくりだ。

大量にアウトプットするやり方で、すでに著書は100冊を超えている。

中谷さんの本も、千田さんの本も、共通していることがある。

文章の構成がとても読みやすく、すぐに読めてしまうところだ。

千田さんの著書でも述べられているが、スピード感をもって書かれているため、読む時もスピード感をもって読みやすい。

まさにその通りだ。

千田さんの著書に対するAmazonのコメントでは、「内容が薄い。」とか、「同じ事を繰り返し言っているだけ。」とか、
かなり辛辣なコメントも多くある。

私が思うに、こういった本は、内容うんぬんよりも、自分の心にスッと入ってきて、心に火をつけてくれて、いかに自分の行動を後押ししてくれるかが重要なのだと思う。

だから私は、中谷さんの本や千田さんの本を、知識や技術を得るために読んでいるわけではなく、自分のモチベーションを上げる一つの手段として読んでいる。

これも一つの本の読み方だと思う。

著者の思考の一部が自分の中にインストールされるイメージだ。

本をきっかけに自分の行動が良い方に変われば、それこそ素晴らしい価値だと思う。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.