“欲しいモノ”と“必要なモノ”の区別


 

最近、整理・整頓に凝っています。

世の中でも最近流行なのか、書店にも、整理・整頓に関する様々な本が並んでいます。

そんな整理・整頓に関する本の中で、私が一番衝撃を受けた本が、

「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」/佐々木典士(ワニブックス)という本です。

この著者の何がすごいかといったら、とにかく家にモノが少ないということです。

“欲しいモノ”と“必要なモノ”とを明確に区別して、自分にとって本当に“必要なモノ”しか置かないという徹底ぶり。

著者の家の写真を見ていると、ここまでモノが少ないと気持ちがいいだろうな、という気分にさせてくれます。

モノがあればあるだけ、管理の手間、お手入れの手間が発生し、それに時間をとられてしまう。

モノが少ないというだけで、より大事な事に自分の時間を集中させることができるのです。

この本はとにかく目からウロコが落ちました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.