EVERNOTEで第2の頭脳を手に入れる


 

私が最近活用しているのが、EVERNOTEというクラウドサービスです。
簡単にいうと、ネット上のメモサービスです。

EVERNOTE.jpg

しかし、ただのメモ帳ではありません。
最近流行りのクラウドというのは、日本語に訳せば「雲」という意味ですが、ネット上のクラウドに原本となるファイルが保管されていて、それをパソコンやiPhoneやiPadなど、どこからでも同じものを見たり編集したり保管したりすることができるというものです。

パソコンで作ったファイルをiPhoneやiPadで見るためにいちいちUSBケーブルでつないで同期しなくてはならないのは面倒ですが、クラウドなら同期を意識しなくても勝手に同期してくれているから便利なのです。

現代の日常生活では、さまざまな情報が周りにあふれていますが、その情報をいかに効率よく整理し、いつでも活用できる状態にしておくかということは重要な問題です。
それを実現してくれるのがEVERNOTEなのです。

EVERNOTEは、「第2の頭脳」と呼ばれることがあります。
人間の脳では、記憶・想起できる内容には限界があります。その記憶・想起を人間の脳を補助する形でEVERNOTEにしてもらうことで、人間は「思考する」ということに専念することができるわけです。

お試し使用であれば無料バージョンでもかなり活用することはできますので、一度使ってみて下さい。その便利さが分かるはずです。
EVERNOTE

$5/月または$45/年支払えばプレミアム会員となり(2011年1月30日現在)、ガンガン使えるようになります。
私は$5/月支払ってプレミアム会員になっています。

プレミアム会員になれば、月に1GBのアップロード容量があり(2011年1月30日現在)、その容量は毎月更新されていくため、毎月1GBずつのデータをアップロードできるのです。(以前は500MBまででしたが、嬉しいことに最近1GBに増量されました。)
毎月の容量制限があるだけで、上限の容量制限はないため、どんどんメモを取り込んでいくことができます。

EVERNOTEのソフトはWindows、Mac、iPhone、iPad、Android携帯、BlackBerryなど、多くのプラットホームに対 応しているため、プラットホームの違いを意識せずに活用することができます。また、会社のパソコンなどでEVERNOTEがインストールされていないパソ コンでも、Web上のEVERNOTEからメモを見たり編集したりすることができます。

どんな事に使っているかというと、会議資料、名刺やレシートや仕事上のメモ、手書きのメモ、勉強会の資料、ネット上で見つけたニュース、PDF形式の文 献、美味しかった食事の写真、ネット上のIDやパスワードなどの情報など、とにかくなんでも忘れたくない情報はEVERNOTEに放り込んでいます。
また、医学書をスキャンしてパソコンに入れているので、医学書の中から憶えたい図などがあった場合にはその図をパソコン上で切り取ってEVERNOTEに保存しています。

EVERNOTE2-s.jpg

私が使っているiPhone版のEVERNOTEはテキストメモ、写真、音声でメモを作ることができ、取り込むメディアを選ばないのも便利な点です。
連携しているソフトも多いため、例えばiPhoneの「FastFinga」という手書きメモソフトで書いた手書きのメモをEVERNOTEに送って保存するという使い方もできます。
また、iPhoneの「DocScanner」というソフトは、iPhoneのカメラで書類を撮影したら、自動的に傾きを補正したりコントラスト調整をし たりして、かなりきれいに書類を取り込むことができますので、スキャナを使えない場所や、いちいちスキャナを使うのが面倒な時にはこのソフトでスキャンし てEVERNOTEに送ればすぐに書類の保管ができるのです。

EVERNOTEはノートブックとタグというものを使って情報を整理していくことができます。
この使い方に決まりはないので、自分の使いやすいようにノートブックとタグをカスタマイズして使える自由度がまた使いやすい点だと思います。
このノートブックとタグを使えば、検索が強力にできます。
EVERNOTE上の全ノートの全文検索もできますし、驚くことに、取り込んだ画像ファイルの中にある文字列の検索までできるのです。(ただし、現時点で は英語の検索はかなり汚い手書きの文字でも検索してくれますが、日本語の手書き文字の検索は完璧にはできないようです。日本語対応は今後進んでくると思い ますが。)

過去の書類やメモはこのEVERNOTEを検索すればすぐに出てくるという安心感は何物にも代え難いものがあります。

クラウドサービスの欠点として、以前このEVERNOTEのサーバーに不具合が起きて、一部のユーザーのデータが消えてしまったという出来事がありました。
この場合でも、クラウド上のデータは消えてもユーザー自身のパソコンやiPhoneに入っているデータは同期する前であればまだ残っているので、それを保存すれば済むのですが、もし不安という方は自身で時々バックアップを取っておくと良いでしょう。
EVERNOTEはバックアップデータを書き出すこともできますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.