iPhoneでどこでも勉強術


 

iPhoneはただの携帯電話ではありません。
私もiPhoneを使い始めるまではその良さがあまり分からなかったのですが、使い始めたらもはや手放せないツールとなりました。

iPhoneにはappleのAppStoreというページから膨大な数のアプリケーションをダウンロードすることができます。
この中から自分にあったアプリケーションをダウンロードすれば、様々な用途にiPhoneを使うことができます。
ユーザーが自由にカスタマイズして使うことができる所がiPhoneの素晴らしい所だと思います。

この数あるアプリケーションの中でも、私がよく使っているのがGoodReaderとEVERNOTEというソフトです。

■Goodreaderで医学書をiPhoneへ転送しよう

ドキュメントスキャナーでPDF化した医学書(理学療法における情報管理術参 照)をGoodReaderを使うことでiPhoneにUSBで転送することができます。他にも転送ソフトはたくさんありますが、GoodReaderの 良い所は、Wi-FiでもUSBケーブルでも転送することができる点です。医学書のPDFファイルはサイズが大きいため、無線で送ると時間がかかります が、USBなら転送速度が速いため、すぐに送ることができます。

しかもGoodReaderは転送するだけではなく、PDFやmicrosoft Officeなど、さまざまな形式の書類を開いて読むことができます。iPhoneで書類を読むということをよく考えられていて、ほとんどストレスなく医学書を読むことができます。
こういうことを言うといかにも欠点がないように思われるかもしれませんが、もちろんデメリットもあります。ページめくりに少し時間はかかりますので(デー タの容量にもよりますが、1.5〜2秒程度)、本のようにパラパラーっとページをめくっていって気になった所でパッと止めるといった使い方はできません し、画面の大きさも限りがありますので大きい図なんかは手でずらしながら見ないといけません。
ただ、こういったデメリットがあったとしてもなおメリットの大きさにはかえられません。

■iPhoneでいつでもどこでも勉強できる!

こうして大量の医学書をiPhoneに詰め込めば、重くて分厚い医学書を何冊も持ち歩かなくても、いつでもどこでも勉強ができるのです。

この「いつでもどこでも」ということが重要で、例えば家にいない時に何か疑問点が浮かんできたり調べたいことがあった時、家にしか医学書がないと、家に 帰ってからでないと調べられないため、家に帰った時には調べることを忘れてしまっていたり、ついつい調べるのがおっくうになってしまいます。
ところがiPhoneがあればその場ですぐに医学書を開き、調べることができるわけです。
何事でも思い立った時が一番行動を起こすハードルが低い状態といえますので、その場で即調べられるということはとても大事なことです。

また、日常のちょっとしたスキマ時間にも勉強をすることができます。
例えば、通勤で電車がくるのを待っている時、友達と待ち合わせをしている時の待ち時間、ホカ弁で弁当ができるのを待っている時、トイレの中、就寝前のベッドの中、など、日常にはかなりのスキマ時間があるはずです。何とももったいない時間ではありませんか。
忙しい私達は、限られた時間の中でこのスキマ時間を勉強に使わない手はありません。
机に向かって腰を落ち着けて勉強することも大切ですが、私の経験上からも机に向かって勉強する時間は日常の中ではそう多くとれるものではありません。
私は結婚して子供もいますので、子供ができてからは特に勉強時間がなかなかとりにくくなりました。(みなさんも独身の若いうちに好きなだけ勉強しておいた方が良いですよ!もっと勉強しておけば良かったと後悔するはずです。)
こういったスキマ時間ですが、1つ1つは短い時間かもしれませんが、「塵も積もれば」です。私はiPhoneを使ってスキマ時間に勉強するようになってから、それまで以上に速いスピードで本を読み進めることができるようになりました。

iPhoneは携帯電話といえども画面は他の携帯よりも大きいので、横向きにした状態で読めば、文章の1行が全て画面内に収まるので、横スクロールしなく ても縦スクロールのみで楽に読み進めることができます。医学書を自由に拡大することもできますが、拡大しなくても十分に文字を読み取ることができます。

■EVERNOTEで何でもメモ

EVERNOTEというアプリケーションもかなり使えます。
このアプリケーションは、テキスト、写真、音声などのメモを1つにまとめて管理・検索・同期できるというものです。

最近ビジネス雑誌などで頻繁に取り上げられているため、聞いたことのある方も多いかもしれません。
元々は英語版で始まったソフトですが、日本の利用者が増えているため、日本語版もリリースされました。
EVERNOTEのアプリケーションはさまざまなプラットホームでのものがリリースされており、iPhone版やWindows版やmac版、Windows CE版などもあるようです。
私はiPhoneとmacで利用しています。

メモしたデータは全てのプラットホームで自動的に同期されるため、iPhoneでメモしたものをmac上で見ることができますし、mac上でメモしたものをiPhone上で見ることもできます。
わざわざ自分で同期しなくても、自動的に同期してくれているのがとても便利です。

私の使い方としては、macでネット上の文献をメモしておいて、それを同期して後から空き時間にiPhoneで見たりしています。
勉強に限らず、日常のメモや思いついたことを何でもメモしておけば、後からすぐに参照することができるのでとても便利です。

EVERNOTEがすごいのは、検索機能です。
テキストファイルとして保管しているだけでは、検索してもそのファイルが検索されるだけですが、EVERNOTEで検索すると、検索した文字列が強調表示されて検索されるため、目的の箇所をすぐに見つけることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.